発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って

time 2020/11/10

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って

19歳のカーソン・スウェージーは、母親のアマンダが減量につながったことをSNSでシェアすると、多くの支持を集めました。

カーソンは発達障害の自閉症です。話すこともできません。

今、家族は数ヶ月前から始まったカーソンの減量の取り組みをSNSで共有しています。

食事や屋内の運動だけではありません。
カーソンが外で活動するための方法を発見しました。

「カーソンは75ポンド(34キログラム)もやせました。
それは毎日、郵便局に郵便が届いていないかを見に歩いたからです」

y8 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って

y6 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って

しかし、郵便が来なくなってくるとカーソンは、歩く意欲をなくしてきました。

そこで、母親のアマンダは友人が見てくれることを期待して、そのことをFacebookに書き込みました。

「驚きました。

何千ものシェアやコメントがありました」

多くの人がコメントで、カーソンに郵便を送ると伝えていました。

地元の自閉症協会の副会長、ブランドン・ルーディクスは、カーソンの減量の取り組みとそれを応援するSNSの声を知り、本当に感激したといいます。

新型コロナウィルスの感染拡大が、自閉症の人たちに悪影響を与えているとブランドンは言います。

「多くの自閉症の人たちが、成長を止めてしまいました。

『部屋から出たくない』

そう言っていました」

知り合いに少しでも親切にしてあげたい人がいるなら、手紙を送るのは良い方法だとブランドは言います。

y5 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って y3 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って y1 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って y7 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って y2 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って y4 発達障害の青年は郵便を楽しみにダイエット成功。もっと送って

母親のアマンダによれば、カーソンにはこだわりはありません。

「カーソンに送って頂けるのであれば、手紙でもカードでも何でもかまいません。
カーソンは封筒を受け取って、開けることを何よりも楽しみにしています」

(出典・画像:カナダGlobal NEWS

運動は本当に大事です。

こんなにやせたんですね。

確かに郵便が来ているかどうかは、大きな楽しみになりそうです。

うちの子にももっと歩いてもらわなければならないと思いました。。

話すことができない21歳の自閉症の男性と家族は強みに変え起業

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。