発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の私はずっといじめられた。しかし私は負けなかった

time 2020/11/23

この記事は約 5 分で読めます。

発達障害の私はずっといじめられた。しかし私は負けなかった

私は3歳の頃から、他の子とは違っていました。
他の子と比べて怖がりで臆病で、自分に腹が立ち、社会不安を抱えていました。

彼らは私と話したり、交流したりする気がないようで、私は言葉や身体的ないじめを受けました。
それから数年後、いじめは私を最悪の状態に陥らせ、何度も自殺しようとすることになりました。

しかし、いじめっ子に感謝の気持ちを伝えたいと思います。
私が直面してきた問題がなければ、今の私はありませんでした。

6歳のときに数ヶ月間、悪い子どもとしてレッテルを貼られた後、私は発達障害の自閉症と診断されました。
私の先生の一人は自閉症に詳しく、私の行動が多くの兆候と一致しているのではないかと疑いを抱いていました。

とても幼かったので、私は自閉症が何であるかを理解していませんでした。
しかし、 私はちょうど自分が奇妙で失敗している存在のように感じていました。

時間が経つにつれて、自閉症について知り、それが私を説明してくれることに安心しました。
他の人と異なっている理由の説明を与え、自己嫌悪のいくつかを取り除くことができました。

m2-4 発達障害の私はずっといじめられた。しかし私は負けなかった

しかし、自閉症スペクトラムは人により症状は異なります。
コミュニケーションや社会性に問題があるだけの人から、全くコミュニケーションがとれない、感情を理解できない人もいます。

私の自閉症は特別支援や理解を受けられない軽度のものでしたが、私をいじめるのには十分な程度でした。

私はたびたび、重度の自閉症になることを願いました。そして助けられたいと思いました。

中学になるといじめはもっとひどくなりました。
殴られ、サイバーいじめを受け、さらには死につながる脅迫も受けました。

私はまわりから容姿のことを言われ、食事もとらなくなりました。
落ち込んで出口の見えない私は、自傷行為を始めましたが、恥ずかしくて、負担にもなると思って親にも相談できず、さらにいじめがひどくなると思っていました。
みじめな状態から逃れる方法も見つからず、私は自殺も考えました。

やがて、私の不規則な行動や自傷行為が原因で双極性障害と診断され、3年近く精神科病院に入院することになりました。

時間が経つにつれて、私は安心感を感じました。
周りの人たちが私を理解してくれていたので、私は自分自身でいることができましたし、何の批判もありませんでした。
3年間が終わると、私は実家を出て、「セクション20」(共同ケア命令)の下で介護されることになり、地方自治体と両親が私のことを管理し、連絡を取り合うことができるようになりました。

家族は無力感を感じていました。
私を助けることができなかったことに罪悪感を感じ、自分を責めることは何もなかったにもかかわらず、自分を責めていました。
私も、自分が家族を苦しめていることを恥ずかしいと感じていました。

私はケアホームと外部のメンタルヘルスサービスの両方で、心理学者と精神科医からセラピーを受けました。

過去を振り返るのは非常に難しく、時間もかかりましたが、瓶詰めにされていた感情を手放すことができて本当に助かりました。

m1-4 発達障害の私はずっといじめられた。しかし私は負けなかった

18歳でようやく介護を離れて自立して生活することができました。
それは恐ろしさと同時に爽快感もありました。

自分の肩に山のようなものを背負っているように感じましたし、頭の中にはたくさんの心配事が渦巻いていました。
誰に頼ればいいのだろう?
このまま死んでしまうのだろうか?

それでも、「私にはできる」と自分に言い聞かせていました。

やっと心を開いてくれる人ができたし、もう一人じゃなくなったし、何よりも、誰も二度と私を傷つけることはありませんでした。

私の人生がどんなに困難な時もあったとしても(今もそうですが)、その経験が私を今の自分にしてくれました。

いじめられていたことが、私に闘志を与えてくれました。

12歳のとき、私は特別支援を必要とする子どものためのユースカフェでボランティア活動を始めました。

それがきっかけで、いじめやメンタルヘルスに対する意識を高め、サポートやアドバイスを提供するために、自分自身のキャンペーンや非営利団体「スタンドアップ・スピークアウト」を立ち上げました。

このキャンペーンは有名人の支援を受けて広まり、私は若者の優れた業績を表彰するダイアナ妃賞を受賞しました。

m4-4 発達障害の私はずっといじめられた。しかし私は負けなかった

いじめっ子たちは私にひどいことをしました。
いじめっ子たちが引き起こした傷や痛みは恐ろしいもので、そのせいで私は死んでいたかもしれません。

今でも時々トラウマのフラッシュバックがありますが、今は昔よりも私は強くなりました。

何年も何年もいじめを受け、自分自身を憎み、人生を終わらせるべきだとも感じましたが、私は今でも生きています。

私はいじめっ子の行動を容赦しませんが、恨んではいませんし、彼らの動機も理解しています。

責任は、メンタルヘルス、特に自閉症のような追加学習の必要性についての教育が不足していることにあります。

学校、職場、コミュニティで多くの理解が必要です。
幼い頃から理解してもらうことで、より多くの人を受容できるようになります。

私たちはみんな違っています。
だからこそ、世界は素晴らしいのです。

年老いて賢くなった今、私は自閉症やその他の診断は自分の素晴らしい能力だと考えています。

私は世界を違った光で見て、多くの状況の人たちに共感できるようになりました。

いじめっ子に私は負けませんでした。
これからも他の人を助け続け、私の道にやってくるあらゆる敵と戦っていきます。

(出典:英METRO)(画像:Unsplash

いじめは本当に許せません。

いじめた側は記憶に残っていなくても、いじめられた側は一生それで苦しむこともあります。

発達障害の子どもたちにいじめについて尋ねることを強く薦める

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。