発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人にも社会性はある。定型発達の人のスタイルと違うだけ

time 2023/11/18

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自閉症の人にも社会性はある。定型発達の人のスタイルと違うだけ
  • 発達障害を持つ人に共感が欠如しているというのは本当ですか?
  • 定型発達の人と自閉症の人がうまくコミュニケーションできない原因は何ですか?
  • 神経多様性を考慮したコミュニケーションの方法はありますか?

「思いやりがない」

長い間、私はこの言葉を嫌い、そしてそれが自分に当てはまることを恐れていました。
文字通りの意味ではありません。
私は他人の好みを予測するために多くの努力をしています。

問題は、私が予測することが多いことが、期待と一致しないことが多いことです。
私は自分の興味のあるトピックについて情熱を持って語ることを楽しんでいます。
しかし、みんながそれに興味を持つわけではありません。

私は背景でテレビが鳴っているのを非常に気にし、会話に集中できないと感じるので、それを切ります。
他の誰かは見たいかもしれません。
私は定型発達の人たちの「文化」を時間をかけ学び、時間が経つにつれて、この領域を自信を持って進めるように感じられました。

神経多様性という概念、つまり神経学的にさまざまに人は異なるという考えが、ますます受け入れられるようになっています。

それには、情報処理の異なるパターンも含まれます。

最も一般的な神経タイプは定型発達です。
これからは、自閉症の人、ADHDの人、および精神的な健康状態の診断を受けた人など、このタイプから逸脱する人たちもいます。

この用語はさまざまな情報処理スタイルを含んでいますが、すべてが神経多様性という用語の下で考慮されています。

過去には、精神医学では神経多様な人たち、特に自閉症の人たちが、他人の心の状態を想像する能力である「心の理論」に苦しんでいるという信念が広まっていました。
これは神経多様なコミュニケーションの重要な要素であり、これは神経多様なコミュニケーションの無効化と深刻な概念化につながりました。

自閉症の人たちは社会的認知のテスト、例えば「心の中の目で読む」テストなど、社会的認知のテストで通常よりも低いスコアを取ることがあります(Peñuelas-Calvo et al., 2019)。
しかし、これらのテストについて無視されている現実は、これらの器具が定型発達の人たちの社会的認知に焦点を当てていることです。

神経多様な人たちは定義上、異なる脳の配線システムで動作しています。

情報処理の観点から私たちにとってうまくいくことは、定型発達の人にはうまくいかないことがあるのです。

Devon Priceの著書『Unmasking Autism』では、自閉症における多くの情報処理の違いが強調されています。
自閉症の人は、ボトムアップ処理に傾向があることが示されています。
定型発達の人は通常、トップダウン処理に依存することが多く、詳細に過度の注意を払わずに直感を許容しますが、自閉症の人たちは情報をより多くの思考と詳細な注意を必要とする方法で統合するのです。

神経多様な人たちが神経典型的な社会的な手がかりを「誤解」する頻度と同じくらい、定型発達の人たちも神経多様な社会的手がかりを誤解することがあります。

神経多様な個人に対して社会的認知を測定するために同じツールを使用することは公平ですか?
定型発達の人たちに対しても、神経多様な社会的認知のテストを作成すべき?
おそらく、神経多様性を考慮に入れた視点からは、考える余地があるかもしれません。

2012年に、自閉症の心理学者が「二重共感の問題」として、自閉症の人たちの社会的認知を別の視点から見る方法を共有しました。
二重共感の問題によれば、これまで神経多様な人たちに共感が欠如していると分類されていたものは、神経多様な人たちと定型発達の人たちとの間の誤解です(Milton et al., 2022)。

神経多様な人たちは社会的手がかりに苦労しているのではなく、定型発達の人たちの社会的手がかりを読むのが難しいのです。
同様に、定型発達の人たちは神経多様な人たちの社会的手がかりを理解することが難しいことが多くあります。
おそらく、それはより大きな範囲であるかもしれません。

8人の自閉症の参加者を対象とした研究では、自閉症の人たち同士がペアになった場合、参加者間の会話がスムーズに進行したことが示されました(Williams et al., 2021)。

同様に、定型発達の人たちに対しては、自閉症の人たちと定型発達の人たちの精神状態をビデオクリップで識別させる研究では、定型発達の人たちが自閉症の人たちの精神状態を理解するのが難しいことがわかりました(Sheppard et al., 2016)。

共感が欠如しているという仮説に反して、神経多様な人たちは他人の処理スタイルと自分自身の処理スタイルの間を常に「翻訳」する必要があるため、むしろ共感の面で優れているかもしれません。

残念ながら、これらの誤解の結果、神経多様な人たちを「遅い」「信頼性がない」「欺瞞的」と見なす原因となることがよくあります(Lim et al., 2022)。

これまで、療育介入は神経多様な人たちに定型発達の人たちの社交スキルを教えることに焦点を当ててきました。
しかし、多くの人たちは、これは自分とは異なる神経タイプの人のように行動するように指導するだけで、マスキングにつながると考えています。
マスキングは真のコミュニケーションを妨げ、神経多様な自己評価と精神的健康に悪影響を及ぼします。

神経多様な経験を無効化する代わりに、私たちは異なる生き方としてこれらを認識し、評価する時が来ています。
無効化する代わりに、共感を広げることができるかもしれません。

神経多様なコミュニケーションスタイルと、これまでの前提を一時停止する重要性を皆に教育することを求めることで、私たちはお互いに他の文化のニーズや習慣を理解しようと励まし合うように、神経多様性を受け入れ、すべてのコミュニケーションスタイルを評価する社会になれば、多くのことを得られるはずです。

(出典:米Psychology Today)(画像:Pixabay

自分と他者が異なるのは当然として、だからこそ相手のことをよく考え、尊重することがコミュニケーションに最も重要なことだと考えます。

むしろ、相手と自分とは異なることが大きかった、発達障害の人たちのほうがコミュニケーション能力がむしろ高いかもしれないという考えには嬉しく思います。

自閉症の人のコミュニケーション困難は自閉症でない人にも原因

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。