発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった

time 2021/03/24

この記事は約 2 分で読めます。

言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった

オースティン・ケリーは、2歳のときに自閉症と診断されました。
医師は家族に、言葉を話すことや多くの活動ができないだろうと告げていました。

しかし、27歳になった現在、オースティンは言葉を上手に話すだけでなく、プロのアイリッシュ・ダンサーでとなりました。
オースティンは幼い頃からダンスを始め2014年から本格的にアイリッシュダンスを学び始めました。

「言葉で話す以上に、息子は足で表現することができます」

そう、オースティンの母親のダイアナは言います。

d7 言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった d5 言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった d6 言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった

オースティンは、米ニューヨーク州にあるJamieson’s Irish Dance & Creative Artsでダンサーをしています。

このダンス学校のケイティ・ジェイミソンは、オースティンを真に理解し息子やそのほかの生徒たちも育ててくれたとダイアナは言います。
2018年、オースティンは英グラスゴーで開催された「国際アイリッシュ・ダンスチャンピオンシップ」の出場権を獲得しました。

「国際大会の予選を通過することは、誰にとっても大きな大きな成果だと思います」

そうダンス学校のケイティは語っています。
2016年にこのダンス学校を設立するまで、ケイティは何度もこの国際大会の予選に出帳していました。

「それはダンサーの夢です。
本当に、大きなことなんです。
アイリッシュダンスのオリンピックのようなものです。
オースティンがそこに辿り着いたことは本当に素晴らしいことです。
世界中の多くのダンサーが夢見ていたことを、彼は実際に成し遂げたのですから」

d2 言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった d1 言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった d4 言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった d3 言葉よりも足で表現できる。自閉症の少年はダンサーになった

オースティンは、人を元気にするのが好きだと言います。

「私は、努力して夢に向かっている人たちを応援したいと思っています。
そして、ダンスが好きなのは、いつもみんなを笑顔にできるからです。
ダンスは本当に楽しくて、とてもエネルギッシュで、みんなにとっても本当に良いトレーニングになりますよ」

(出典・画像:IrishCentral

大好きなことと出会えて本当に良かったと思います。

大好きなことを見つける。

成長する、幸せな人生を過ごす。

そのために、一番重要なことだと私は思います。

自閉症の息子は大好きなパン作りを徹底的に研究しビジネスにした

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「プレゼントとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。