発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害青年と郵便屋さん8年間の関係

time 2016/09/30

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害青年と郵便屋さん8年間の関係

マイケル・デイが荷物の配達をすると、発達障害がある14歳のアッシャーがベストパートナーとなってくれます。
「これは大きいね、アッシャー」デイが言います。

8年間ずっと毎日、デイはアッシャーからの電話で朝が始まります。

「アッシャーはいくつ荷物があるのかをたずねてきます。そして私からどんな荷物があるかも伝えます。

荷物があると、アッシャーは中が何なのかわからないと気がすまないんです。」

発達障害青年と郵便屋さん8年間の関係 up3-1024x768

アッシャーあての荷物があると、デイは少し長くつきあいます。

「食事をしている時に、マイケルが近くに来ていればいつも食事に誘うんです。」アッシャーの母親が言います。

「もしも配達する荷物がないときには、息子はマイクにドライブに連れて行ってくれとお願いをしたりします。
時間がある時にはそうしてくれるんです。」

デイは、朝早く電話がかかってきたり、アッシャーのところに少しよることを、全く気にかけません。

「私はただ、彼と、彼の家族と一緒にいたいんです。ただ、ヘイ!と声をかけたいんです。

電話でやりとりをしたり、ちょこっとやりとりをすることは大したことではありません。

だったら、どうしてそれをしないんですか。」

デイはそう言います。

発達障害青年と郵便屋さん8年間の関係 up1-1024x768

アッシャーと家族は、親切なデイに感謝をしています。

「受け取る荷物がなくても、ただデイを見ているだけで満足なんです。それで息子は安心します。」

と母親が言います。

(出典・画像:米fox6now

 

こんな親切な方がいて、その人と出会えたのは奇跡的なことだと思わざるを得ません。

8年間ずっと毎日、朝電話がかかってくるのです。もう、親とか兄弟とか家族でも嫌になってしまいそうです。

親としては、そういった素晴らしい方、親切心に心から感謝しつつも、甘えすぎには注意する必要があると思いました。

日本人的ですかね。

 

こちらも親切な方のお話です。

27万を超える「いいね!」をもらった神店員

(チャーリー)

 

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ