発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

介助犬のおかげで自閉症の息子とスーパーに行けるようになった

time 2022/02/18

この記事は約 2 分で読めます。

介助犬のおかげで自閉症の息子とスーパーに行けるようになった

7歳の少年の人生は、自閉症介助犬のおかげで一変しました。

フランクリン・ジョーダンは2歳のときに自閉症と診断されました。
学習障害と感覚処理障害もかかえています。

両親のジョーとスティーブはフランクリンに可能な限り最高の人生を送らせたいと考えています。

しかし、フランクリンを外出させ、店に入ったり、新しい場所に行ったりすることは家族にとって困難なことでした。
フランクリンは自閉症のため、周囲の環境にとても敏感で、すべてが明るすぎたり賑やかすぎたりするため、耳あてをする必要もあります。

しかし現在では、自閉症の人をサポートする介助犬のサンダのおかげで、フランクリンと彼の家族はより多く、一緒になっての活動を楽しめるようになりました。

d4-1 介助犬のおかげで自閉症の息子とスーパーに行けるようになった

母親のジョーはこう言います。

「サンダが来る前は、スーパーマーケットに行くことも簡単ではありませんでした。

息子はその環境に耐えられなかったのです。
私たちは息子を家から連れ出すことができませんでした。

今は、サンダの魔法のおかげで、サンダと一緒に喜んで外に出ていきます。
それは、私たちにとっては本当に驚くべきことなんです」

d3-1 介助犬のおかげで自閉症の息子とスーパーに行けるようになった

d2-1 介助犬のおかげで自閉症の息子とスーパーに行けるようになった

ジョーとスティーブは、雑誌でサポートドッグスという慈善団体について知り、2020年の秋に犬のサンダと会いました。
トレーニングはサポートドッグスが行い、ジョーとサンダは一緒に徹底的な取り組みました。
ジョーはこう言います。

「私たちは家族として犬を飼ったことがありませんでした。
息子の反応に、不安はありました。
しかし、息子はすぐにサンダと仲良くなり、一緒にいるととても安心しました。

息子が外出するときは、必ずサンダと一緒です。
サンダはリードを外したときでも、いつも息子のことを気にしてくれています。

息子はこれまで、外出するときはいつも不安そうでした。
今はまったく違います。
私たちにとって、サンダほどすばらしい犬は他にいません」

(出典・画像:英The Bolton News

どれだけ息子さんと家族が助けられたことでしょう。

うちの子にもこんなパートナーがいたらいいなとずっと思っています。

動物は発達障害の私を決して笑わず、いじめず、喜んでくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「プレゼントとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。