発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子が楽しみにする、新しいスキルが身につくプログラム

time 2022/03/13

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の子が楽しみにする、新しいスキルが身につくプログラム

米ウィスコンシン州内の数百人の生徒を対象に10年近く続けられている教室プログラムが成功を収めています。

「アイランド・オブ・ブリリアンス」は、自閉症をかかえる子どもがアートで成長することを支援するプログラムです。

自閉症をかかえる子どもを教室にあわせるのではなく、自閉症をかかえる子どもに最もよく学べるような環境を作るプログラムです。

ジャレン・グリーンは、これまで2年間、このプログラムに参加しています。

ジャレンは絵が大好きです。車が大好きです。

c2 自閉症の子が楽しみにする、新しいスキルが身につくプログラム c5 自閉症の子が楽しみにする、新しいスキルが身につくプログラム

このプログラムのおかげで、ジャレンはテクノロジーも学び、デジタルで自分のアートに命を吹き込んでいます。
こうして、アートスキルを向上させました。

毎週、ジャネットはネットで、自分と同じような自閉症の子どもたちと会います。
自閉症の子どもたちは、メンターの助けを借りて、取り組むことができます。

「私と同じような奇抜さを持った人たちと一緒に過ごすのは、とても楽しいことです。
私と同じ自閉症で、同じようなクールなことをする人たちと一緒にいられるのは、本当にクールなことです」

そう、ジャレンは言います。
ジャレンは、メンターと一緒に新しい技術を学びながらプロジェクトを完成させ、自分のアートをデジタル化するのと同時に、学校の単位にもなる新しい技術を学ぶことができました。

c6 自閉症の子が楽しみにする、新しいスキルが身につくプログラム c1 自閉症の子が楽しみにする、新しいスキルが身につくプログラム c4 自閉症の子が楽しみにする、新しいスキルが身につくプログラム

「アイランド・オブ・ブリリアンス」の共同設立者であるマーガレット・フェアバンクスは、プログラミングを通じて生徒が開花するのを見るのは素晴らしいことだと言います。

「信じられないような才能を持ちながら、堅苦しい環境ではそれを発揮できない、あるいは発揮したいと思わなくなった子どもたちが、自由な環境でなら、驚くようなことができるようになるんです」

この2年間で、ジャレンは生徒として成長し、その姿を見て、ジャレンの母親は誇りに思っています。

「この2年間で、ジャレンは成長しました。
息子は素晴らしいです。
自分のスキルを活用し、能力を感じ、将来を計画し、友人関係やコミュニティを築くことを楽しみにしている姿を見るのは、とても素晴らしいです。
それは、親として望んでいたことです」

このプログラムは、ジャレンに大きな笑顔を与え、新しいスキルを身につけさせ、いつも楽しみにしているものになっています。

(出典・画像:米SPECTRUM NEWS1

いつも楽しみで、大好きなことをして、それで成長できる。

最高のプログラムですね。

発達障害の少女はサーフィンで自信をつけ、先生も彼女から学ぶ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「わたしゃ悲しいよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。