発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症が見過ごされやすい女の子。確率は男の子が4倍高い

time 2022/03/24

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症が見過ごされやすい女の子。確率は男の子が4倍高い

2017年、ビッグバードはセサミストリートで新しい隣人に出会いました。
自閉症スペクトラム障害の4歳のジュリアは、ビッグバードが自己紹介しても、ずっと絵を描いたまま顔を上げませんでした。
また、絵を褒めても反応せず、ハイタッチを求められても、反応しませんでした。

大人のアランはビッグバードに、ジュリアは自閉症で、すぐに返事ができなかったり、思った通りに行動しないことがある、と説明しました。
エルモとアビーは、ジュリアは楽しくて、友だちと遊ぶのが好きなんだとビッグバードに伝えました。
そして、「私たちはみんな友だちになれる」という受容についての歌で締めくくられました。

セサミストリートが自閉症への認識を広めたと賞賛する声があがりました。
実際、”Autism”の2020年の研究によれば、6歳未満の自閉症でない子の親たちは、このセサミストリートを見て、自閉症に対する知識と受容度が著しく向上したことが示されています。

セサミストリートは、自閉症の女性キャラクターを登場させるという注目すべき選択をしました。
メディアで自閉症の人が描かれる場合、多くは男性キャラクターに限られています。
そして、多くの研究も自閉症の男の子に焦点をあてたものとなっていました。

g2-2 自閉症が見過ごされやすい女の子。確率は男の子が4倍高い

しかし、ここ10年ほどの間に、女の子の自閉症について研究が進みました。
自閉症は女性では男性と現れ方が異なるために、多くの親や教育者が認識することができていません。

また、女の子は男の子よりも症状を隠しやすく、自閉症の診断で使われるツールは現在、自閉症の男性によく見られる行動を特定するようなものになっています。

8歳の子ども44人に1人が自閉症と診断されています。
これは、これまでの推定値よりも高い率を示していますが、自閉症と診断される確率は男の子の方が4倍も高くなっています。
この矛盾から、より多くの女の子が適切な支援を受けられるよう、診断基準の変更を求める声が上がっています。

自閉症が詳しく研究されるようになったのは比較的最近のことです。
自閉症という言葉が初めて学術文献に使われたのは、1940年代初頭のことです。
当時、研究者は自閉症を小児期の精神分裂病の一種とみなしていました。
また、自閉症の子どもは、親が精神障害者である可能性が高いという誤った推測もされていました。

1980年代から1990年代にかけて、自閉症の研究は重要な進展を見せましたが、それは主に男の子と、男の子が典型的に示す症状に焦点を当てたものでした。
例えば、手を叩くという行動は、女の子よりも男の子に多く見られるものです。
同様に、男の子は電車や恐竜など、興味のある分野に過集中する傾向があります。
つまり、科学者たちは、自閉症が女の子と違う形で現れるかどうかを考慮することはありませんでした。

医学界が疑問を持ち始めたのは、2000年代後半になってからです。
2008年に開催された国際医学会議で、参加した女性たちが「なぜ幼少期ではなく、成人してから自閉症と診断されたのか」と疑問を投げかけたことがきっかけとなりました。
その後10年間で、研究者たちは、若い女性では確かに自閉症が違って見えること、そしてほとんどの大人はその兆候も見られないことを知りました。

g3-2 自閉症が見過ごされやすい女の子。確率は男の子が4倍高い

米国の診断基準DSM-5で自閉症と診断されるのは、コミュニケーション分野において、社会的・感情的相互性、非言語的コミュニケーション、人間関係において障害が見られることが必要です。
社会的情緒的互恵性の問題には、前後の会話ができない、相手の選んだ話題に興味を示すことができない、などがあります。
非言語的コミュニケーションの障害では、アイコンタクトを維持したり、顔の表情を読み取ったりすることが困難な場合があります。
人間関係の障害では、友人関係を構築・維持することや、様々な環境に自分の行動を適応させることが困難になる可能性があります。

また、DSM-5では、同一性へのこだわり、思考の硬直化、興味の固定化など、少なくとも2つの制限的行動や反復的行動を示すことが要求されています。
そしてDSM-5では、症状が隠されている場合があることを認めています。
つまり、社会的な要求がその人の限界を超えるまで、症状が現れないということです。

近年、研究者たちは、女子の方が自分の症状を「マスク」または「カモフラージュ」しやすいと観察することが多くなっています。
2017年の”Journal of Autism and Developmental Disorders”の研究では、研究者は92人の自閉症の女性に、他人の表情を真似たり、意図的に目を合わせたりするカモフラージュ行動についてのインタビューを行いました。
カモフラージュをする女の子は診断されない可能性が高く、それがストレス、不安、うつにつながる可能性があると研究チームは報告しています。

g1-2 自閉症が見過ごされやすい女の子。確率は男の子が4倍高い

自閉症の若い女性が診断を受けにくいのは、遊び方の違いが原因の一つとなっています。
2017年に”Autism”に発表された研究では、男の子は遊び場においてチームや大きなグループで遊ぶ傾向があり、一人で遊ぶ男の子は先生や遊び場の管理者の注意を引きやすいと指摘されています。
一方、女の子は小さなグループで社交的になる傾向があり、自閉症の人はプレイグループに出入りする傾向が強く、これは通常、大人の心配を招かない行動と言えます。

この研究では、自閉症の若い女性は自分の症状を大人に隠すことができる一方で、実は自分の社会的な困難に気づいていると結論付けています。

また、大人は女の子の症状を問題行動と混同する可能性が高い。
ある論文では、反復行動などの自閉症に典型的に関連する特性は女の子の自閉症診断においては、予測因子にはならないことが示唆されています。
むしろ、女の子については、両親による感情や行動の問題についての報告が、自閉症診断のより良い予測因子として機能しました。
適切な支援には、診断が求められるものの、現在の基準では女の子が自閉症と診断される可能性は低いとこの研究では伝えています。

(出典:米DISCOVER)(画像:Pixabay

必要とされる方に適切な支援がなされる。

そのために正しい診断がなされることが必要です。

セサミストリートにはじめての発達障害の子のキャラクター

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ハロウィンでもね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。