発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形

time 2022/04/06

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形

カナダトロントの小学4年生の自閉症の生徒は、自らスポンジでキャラクターを作り、パニックになってしまいそうなときに、自分を落ち着かせのに役立てました。

今では、この少年ライダー・アルマのスポンジ人形づくりが学校のカリキュラムの一部になりました。

ライダーは、新型コロナウィルス感染拡大のために2年間学校に通うことができませんでした。
その後、学校に通うようになるには苦労したと母親は言います。

s3 自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形

スポンジのキャラクターは、いつもライダーを慰めてきました。
そのため、学校でスポンジを見たとき、ライダーはそれに命を吹き込む作業に取り掛かったのです。

ライダーはこう言います。

「昔っていた学校で初めてスポンジを見たとき、『目をつけてあげなきゃ』と思ったんだ」

学校の先生は、ライダーのスポンジのキャラクターが彼を和ませる様子を見て、クラスをより親密にするためにスポンジを使うことにしました。

s6 自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形 s7 自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形 s2 自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形 s4 自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形 s1 自閉症の少年が自分を落ち着かせるために作ったスポンジ人形

ライダーの担任のミラド・マザヘリタギザデ先生はこう言います。

「私は、これをカリキュラムの一部にして、クラス全員でやっているといいだろうと思いました。
ライダー君と一緒にこの授業を行えるのはうれしいことです。
ライダー君はグループの進行役を務め、生徒たちはスポンジの人形ができあがるのを見ていました」

そして、この活動によってクラスメートの間に素晴らしい絆が生まれたとマザヘリタギザデ先生は言います。

(出典・画像:カナダcbc

「スポンジ・ボブ」は知っていますが、スポンジで人形を作ろうという発想はありませんでした。

これは簡単で、かわいく作れそうです。

子どもが取り組むのにぴったりですね。

発達障害の人に世界を案内してくれるぬいぐるみ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「楽しそうだね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。