発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の少年は3倍ADHDの子は4倍、自傷行為の危険性。研究

time 2022/05/02

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の少年は3倍ADHDの子は4倍、自傷行為の危険性。研究

精神医学・心理学・神経科学研究所の研究チームが、11万人以上の子どものデータを用いて、自傷行為に関連する主な危険因子を特定しました。

英キングス大学精神医学・心理学・神経科学研究所(IoPPN)および英サウスロンドン・アンド・モーズリーNHS財団トラストが主導する研究で、11~17歳の子ども11万人以上を対象に、自傷行為に関連する要因を分析した結果、明らかになりました。

BMC Medicine誌に掲載されたこの研究では、病院の救急診療の受診の対象となった自傷行為のリスクが、自閉症スペクトラム障害(ASD)の少年では、そうでない少年に比べて約3倍高いことがわかりました。

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、少年少女ともに自傷行為の強い予測因子であり、ADHDのある人の自傷行為リスクは約4倍となっていました。

また、学校への欠席も自傷行為のリスクと関連しており、出席率が80パーセント未満の子どもでは、自傷行為のリスクは3倍となりました。

b1 自閉症の少年は3倍ADHDの子は4倍、自傷行為の危険性。研究

本研究は、イングランドの学校と病院のリンクデータを用いて思春期の自傷行為とASDについて初めて長期的に調査したものです。
この研究は、最もリスクの高いグループに関する貴重な洞察を提供し、自傷行為の予防策を開発するための重要なステップとなります。

「これらの大規模なデータセットをリンクさせることで、どのグループが自傷行為に対して最も脆弱であるかを理解することができました。
この研究は、南ロンドンの学校におけるメンタルヘルスの介入をより効果的なものにすることができます。
この研究のもうひとつの重要な点は、学校と病院のデータがすでに存在し、リンクさせることができるため、イングランドのどの地域でも同じ方法を用いることができることです」

そう話す、この研究論文の主執筆者であるジョニー・ダウンズ博士は、South London and Maudsleyの児童・青年精神科医、英キングス大学児童・青年精神科のNIHR Clinician Scientistを務めています。

自傷行為は思春期によく見られるもので、5人に1人が自傷行為をしているという調査結果があります。
思春期の自傷行為の約12パーセントが救急診療科で受診されており、これらの子どもたちは自殺の危険にさらされる可能性が高くなっています。

b4 自閉症の少年は3倍ADHDの子は4倍、自傷行為の危険性。研究

今回、研究チームは、自傷行為による病院への通院データを教育データと結びつけました。
これにより、学校への出席状況、特別な教育的ニーズ、無料学校給食の状況などの教育要因や、英国精神保健サービスの利用状況に関するデータを調べることができました。
2009年から2013年にかけて収集された、南ロンドンの4つの地区の113286人の子どものデータを評価しました。

全英生徒データベースから、子どもがASDの特別な教育的ニーズを割り当てられているかどうかのデータを分析することで、自閉症の男子は、自閉症でない男子よりも自傷のリスクが高いことがわかりました。
自閉症の女子では観察されなかったものの、一般には女子の自傷リスクは男子より高くなっています。
(男子0.3パーセントに対して、女子は1.5パーセント)

「私たちは、自閉症の成人は、自殺の割合が増加するなど、早く死亡する割合が高いことを知っています。
本研究で検討されたような自傷行為は、より深刻な自殺未遂の前兆である可能性があり、自傷行為が初めて現れたときの早期発見と積極的な介入が非常に重要です。
また、多くの自閉症の人が経験するコミュニケーション障害のために、専門家は彼らが経験している苦痛のレベルやこれらの行動の深刻さを理解していない可能性があります」

論文の共著者である英キングス大学児童青年精神医学教授、NIHRモーズレイ生物医学研究センターの児童精神・神経発達障害テーマリーダーであるエミリー・シモノフ教授はそう言います。

また、ADHDのために精神保健サービスを利用していた子どもは、そうでない子どもに比べて、自傷行為のリスクが4倍にもなることがわかりました。
また、学校の欠席も、自傷行為の危険因子として特定されました。

b2 自閉症の少年は3倍ADHDの子は4倍、自傷行為の危険性。研究

英キングス大学在学中に研究を行い、現在は英ブリストル大学で公衆衛生の上級研究員である共同筆頭著者エミリー・ウィドナルは、次のように述べています。

「私たちの研究から、退学や欠席によって学校から離れた時間を過ごした青少年は、ほとんどの時間学校にいる青少年と比較して、自傷行為のリスクが高まることが明らかになりました。
教育データとメンタルヘルスデータをリンクさせることは、児童・思春期のメンタルヘルスにおける公衆衛生上の研究課題に答える上で重要な役割を担っており、学校内でより多くの支援が必要な場所を特定するのに役立ちます」

この研究では、考えられる根本的なメカニズムを解明するために、さらなる研究が必要と思われる発見も明らかにされました。
例えば、自閉症の女子は自閉症でない女子よりも自傷のリスクが高くないという知見は、女子の自閉症の過小診断によって説明できるかもしれません。
また、第二言語として英語を話す人は、英語を母語とする人よりも自傷のリスクは低くなっていました。
ジョニー・ダウンズ博士はこう言います。

「この結果は、ロンドンに住んでいるが英語を母国語としない若者は、精神衛生上の問題が少ないことを示唆しています。
しかし、このような若者は、自傷行為をしても診療を受けなかったり、薬物を乱用するなど、他の手段で苦痛を表現しているという意味で、他の影響が働いている可能性があります」

(出典:英ロンドン大学キングス・カレッジ

防げるのなら、早期に発見し防いでほしいと願います。

深刻な問題です。

自閉症の人の死亡リスクや自傷行為の増加原因は二次障害。研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「どっちなのよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。