発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

私のコミュニケーションについて。自閉症の人が職場に貼ったメモ

time 2022/06/06

この記事は約 3 分で読めます。

私のコミュニケーションについて。自閉症の人が職場に貼ったメモ

自閉症スペクトラムの人はそれぞれ違います。
しかし、誰もが理解すべき共通のコミュニケーション特性があります。
自閉症の人の多くは、言語を文字通りに処理し、ボディランゲージ、社会的な合図、誇張、文化的な合図を理解するのに苦労します。

そのため、自閉症の人が意図していないにも関わらず、失礼に見えるという誤解を招くことがあります。

もし、もっと自閉症でない人たちが、こうしたコミュニケーションの違いをもっと理解すれば、みんながもっと簡単にうまくやっていけるはずです。

この問題の完璧な例とそれを解決する方法を教えてくれた人がいます。

ADHDとASDであることをTikTokに投稿しているYuriです。

視聴回数が230万を超える投稿の中で、Yuriは自分のコミュニケーション能力を問題視したマネージャーに、自閉症の人と一緒に働くことについてもう少し学んでほしいと伝えています。

そしてYuriは自分のコミュニケーションスタイルをもっと同僚たちにも理解してもらえるように、これ以上誤解が生じないように、オフィスのドアにメモを貼り付けました。

k1-1 私のコミュニケーションについて。自閉症の人が職場に貼ったメモ

「私は自閉症です。
直接的で、文字通りの、詳細なコミュニケーションを好みます
もし私が、
アイコンタクトをとらない、
挨拶を返さない、
あなたの社会的な合図を理解していない、などと思っても、
私に悪意はありません。
それは自閉症のためです。

ご理解いただき、ありがとうございます」

この投稿に触発され、Yuriが経験していることを理解している人たちから、素晴らしい反応が寄せられました。

「これが普通であるべきだ!
自分の境界線とニーズを明確に表明したあなたをとても誇りに思う」

「私は、みんなが自分のコミュニケーションの方法を教えてくれる看板を持ってほしい」

「私たちは直接的で、文字通りの、詳細なコミュニケーションを好むのに、なぜ私たちはコミュニケーションの問題を抱えているのでしょう?」

自閉症は誤解される障害です。
そのため、自閉症スペクトラムであることをカミングアウトし、どのようにコミュニケーションをとるかを共有したことは、勇敢なYuriの行動でしょう。
また、私たちは皆、自分がどのようにコミュニケーションをとりたいかを他人に示していいのだということを思い起こさせてくれます。

この出来事は、自閉症の人たちと一緒に働く人たちにとっても、彼らのユニークなコミュニケーション・スタイルについて学ぶことで、お互いが理解し合えるようになるという素晴らしい教訓になります。
それが、敵対的な職場環境と、誰もが生き生きと安心して働ける職場環境とに分けるのかもしれませんから。

(出典:米UP WORTHY)(画像:TikTok

違うもの同士がやりとりするわけですから、プロトコルが必要となります。

しかし、やりとりに支障が出るのなら、こうしてプロトコルを変えたいと伝えるのは適切ですよね。

ずっとそうだと忘れてしまう人も多くなりますが、目的と手段を取り違えないように。

自閉症の人のコミュニケーション困難は自閉症でない人にも原因

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「まるで闘いだ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。