発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症などのニューロダイバージェント社員の強みを得るために

time 2022/06/12

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症などのニューロダイバージェント社員の強みを得るために

私はさまざまな認知能力を持つ社員を歓迎する会社を作る方法を学んでいます。
私たちの会社はインクルーシブリーダーの育成に力を入れています。

ニューロダイバーシティの利点と課題を克服するための私の経験を共有します。
そうすることで、あなたの会社は利益を得ることができるからです。

 

1. ニューロダイバーシティについて理解する

まず、2つの重要な定義から始めましょう。

ニューロダイバーシティとは、「自閉症、注意欠陥多動性障害(ADHD)、失読症、トゥレット症候群、不安症、強迫性障害、うつ病、知的障害、統合失調症などの神経認知の違いを包括する用語」です。

また、ニューロダイバーシティには、神経認知機能が「正常」な人も含まれ、ニューロタイプと表現されます。
ニューロダイバージェントとは、脳の機能が神経学的に典型的な人とは異なる人たちのことです。

ニューロダイバージェントの多くは、当事者には自覚できないものであることを忘れてはなりません。
自分が味方であることを証明することで、同僚に、どんな困難があっても安心して打ち明けることができる相手であるという信号を送ることができます。

 

2.ビジネスメリットを明確にする

企業がニューロダイバージェントの従業員を雇用し、効果的に働かせる能力を身につけるべき理由は、厳しい労働市場においてこれまで開拓されてこなかった人材プールにアクセスできることや、これまでニューロダイバージェントであることを明らかにしていなかったスタッフに対する合理的な配慮など、さまざまあります。

ニューロダイバージェントの社員は、正確さ、集中力、細部へのこだわり、忠誠心、適時性、日常業務への満足度に関する強力な能力だけでなく、製品、サービス、業務を改善する思いがけない創造力をもたらすことが多くあります。

また、ニューロダイバージェントとニューロタイプの両方を含むニューロダイバースチームは、ニューロタイプの社員だけで構成されたチームよりも優れた成果を上げることができることが示されています。

b3-1 自閉症などのニューロダイバージェント社員の強みを得るために

3.会社の能力を高める

あなたの会社は、強力な基盤を構築することから始めることができます。
さまざまな能力や障害を持つ従業員がいれば、相談しながら、アプローチを構築してください。
ニューロダイバージェンスの従業員同士がつながることを奨励してください。

肝心なのは、従業員が安心して障害者であると自認できるような、前向きで包括的な環境を作り出すことです。

しかし雇用主や管理職は、従業員を障害者であると先回りして認定してはなりません。
高い信頼関係の上に成り立つ人間関係が構築できたときに、あらゆるアイデンティティについて語り合うことを可能にします。
そうすることで、私たちが「違う」ことが資産となり得るのです。職場の多様性です。

人事担当者と協力して、合理的配慮に関する規律を整備し、何を求めてよいかわからない人をサポートしましょう。
これは法律で義務付けられているだけでなく、従業員を尊重し、大切にする正しい方法なのです。

自閉症スペクトラムのようなニューロダイバージェントの従業員にとっては、次の3つのポイントで説明することの実践は、大きな投資となります。

b4 自閉症などのニューロダイバージェント社員の強みを得るために

4.フレックスタイムやリモートワークの機会を提供する

パンデミックは、ニューロダイバージェントの従業員と働くことをより容易にする新しい規範を生み出しました。在宅勤務、パートタイム勤務、ジョブシェアリング、始業・終業時間や報酬時間の調整など、柔軟な働き方を実現する機会を提供しましょう。

 

5.長所を重視する、かかえている課題に対応する

ニューロダイバージェントの社員があなたに報告する場合、彼らの強みを評価し、彼らの課題に適応する方法を学学んでください。
ニューロダイバージェントの従業員が示す貢献を最適化し、課題を解決するために必要な時間を優先してください。

 

6. 従業員をサポートするためにテクノロジーを活用する

テクノロジーが彼らのパフォーマンスを変えられるかもしれません。
音声入力、聴覚支援システム、ビジュアルオーガナイザーなどのソフトウェアやデバイス、さらにトレーニング用のバーチャルリアリティやゲームなどがあります。
支援となるテクノロジーは爆発的に広がっており、このようなツールやアプローチによって、ニューロダイバージェントの人もそうでない人と同じように能力を発揮できるようになります。

b2-1 自閉症などのニューロダイバージェント社員の強みを得るために

私たちはニューロダイバージェントの同僚が提供してくれる多くのことから学べます。
ともに成長し、全く新しい方法ももたらしてくれるのです。
勇気と自信を持って、私たちを導いてくれる存在を求めましょう。

(出典:米Entrepreneur)(画像:Pixabay)

新しい力、豊かにしてくれる存在。

そう思います。

マイクロソフトが自閉症の人を雇用する理由

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「べちゃべちゃねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。