発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症とADHDをかかえる少女はアイススケートで輝いた

time 2022/07/23

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症とADHDをかかえる少女はアイススケートで輝いた

自閉症とADHDをかかえる11歳の少女は、アイススケートに出会うまで、自分を表現することに苦労していました。
少女、テディ・ウェストンは、インクルーシブ・アイススケートの英国および世界チャンピオンで、ニュージーランドの代表選手の一人です。

インクルーシブ・アイススケートは、障がいを持つ人々とその家族にスポーツを楽しむ安全な空間を提供するものです。

テディの母親であるクレアは、娘のようにアイススケートに夢中になれる子どもたちが増えることを願っています。
すべての子どもたちが、安全で快適な環境でスポーツを楽しむ機会を持つべきだと考えているからです。

インクルーシブ・スケーティングは、競技者が持つ追加的なニーズを考慮し、それに合わせて練習セッションや競技会での演技を促進します。

例えば、スケーティング中に音楽を流さない、スケーティングエイドやスケーティングガイドを提供する、バーチャルで演技をする、などです。

「私は氷の上にいるのが好きです。氷の上にいることで自分を表現することができるからです。
すべてのテクニックを学び、私の友人と一緒に何かに参加できるので、大好きです」

テディは6歳の時に自閉症と診断され、9歳の時にADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されました。

「テディは、スケートを始めて最初の何回は多くの問題に直面しましたが、徐々に建物やスタッフに慣れていきました。
みんながとても親切で、すぐに安全な場所のひとつになりました。

受付で話をしたり、会員カードを見せたり、アイスの料金を支払ったり、カフェで注文をしたりと、生活スキルも身につけることができました。

また、カフェでは自分で注文することもできました。
氷の上にいるときは、まるで空を飛んでいるようだと言っていますし、スケートをすると脳が静かになるとも言っています。

テディは、氷の上で、固い地面ではできないような自己表現ができるようになったんです、うまく説明できないんですけどね」

s3 自閉症とADHDをかかえる少女はアイススケートで輝いた

母親のウェストンは、何年も練習を続けてきたテディがアイススケート大会に出たいと言い出したとき、それは現実には難しいと考えました。

「彼女の不安や移動の困難さ、移動の苦労、さらには衣装や競技用ドレスの感覚の問題など、考慮すべき問題がたくさんありました。
それは、演技を覚えることや、審査員と目を合わせること、笑顔でいることなどの問題に直面する前のことです」

ウェストンは、インクルーシブスケート競技会を見つけました。
テディをスケーターとして、そして自分自身をボランティアとして登録しました。

テディは2021年末の世界選手権に出場し、2つの金メダルと1つの銅メダルを獲得しました。

テディと母親のウェストンは北アイルランド代表として、世界中のスケーターと1週間のインクルーシブスケート合宿を行うため、スウェーデンに渡航する予定です。

「インクルーシブ・スケートとは、特別支援の有無にかかわらず、すべての人を受け入れる空間です。
時には見過ごされがちな子どもたちにも、輝き、祝福される機会を与えてくれます。
すべての子どもたちが、自分の成功を心から喜び、その成果を祝うことができる機会を持つべきです」

そうウェストンは言います。

s1-1 自閉症とADHDをかかえる少女はアイススケートで輝いた

テディのアイススケートコーチであるエイミー・アーウィンは、インクルーシブスケートに関わるようになってからのテディの成長は、スケーターとしても人としても、「驚異的」だといいます。

「インクルーシブスケートは、テディだけでなく、アイススケートや競技は自分には関係ないと思っていた多くの子どもたちにとって、とても素晴らしい機会です。
伝統的なアイススケート競技は、スポーツというだけでなく、パフォーミングアートであることを忘れてはならないのです。
競技のルールや構造によっては、障害のある子どもには適さないこともあります。
しかし、インクルーシブ・スケーティングは、すべての子どもに、平等な場で演技し、自分の能力を発揮する機会を与えられるよう、手当をしながら競技に参加する機会を与えてくれます」

(出典・画像:英BBC

輝ける機会にアクセスできて、本当によかったですね。

多くの人にこうした機会があってほしいと願います。

発達障害の少年はダンスで言葉も増え人生が変わり、テレビ出演も

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「不思議だね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。