発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人を受け入れる。私がパニックを起こしてもできますか

time 2022/08/27

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の人を受け入れる。私がパニックを起こしてもできますか

自閉症という言葉は多くの人が知っています。
しかし、自閉症の人の世界を知っている人はほとんどいません。

最近、「自閉症の受容」が大きく叫ばれていますが、きちんと認識されていない問題を真に受容することはできません。
自覚のない受容は空虚なものとなり、増大し続ける傷への小さな応急処置にしかなりません。

自閉症は、メディアではユニーク、ユニーク、キュート、スイート、ギフテッドなどと表現され、社会の多くの側面から単に「考え方の違い」として言われたりします。
しかし、これらの言葉の裏には、「自閉症」という言葉だけを知っている多くの人は知らないたくさんの苦悩があります。

そうした自閉症の世界では、孤立、いじめ、仲間外れにされること、誤解されること、いつも周りに合わせようとすることからくる苦痛やトラウマ、そしてスペクトラムの人に蔓延する精神衛生上の苦しみが、ほとんど伝えられておらず、注目されたとしても、それは誤って伝えられています。

私は目を合わせて、とても雄弁に話せます。
私が道を歩いているのを見たり、スピーチの後に私と会話したりしても、私が自閉症だとは思わないでしょう。
しかし、私が感覚過敏で耐えられなくなると、泣き叫び、胸や頭を叩き、罵り、簡単な質問にも答えられなくなります。

自閉症をきれいに考えることを信条とする人たちは、このような私を見ると頭がおかしいと思うか、見えないふりをします。
そのたびにこうした反応が私を内側から少しずつ蝕みます。

近年、自閉症を受け入れようという動きが活発になってきています。
確かにほとんどの人が受け入れようとします。
しかし、危機や高ストレスによってパニックを起こした瞬間にしか見えない、この目に見えない障害を目の当たりにすると、それを拒絶します。

この脆弱な側面に対する無知を生み出す社会的な認識がもたらすギャップによって、その瞬間に、自閉症の人たちは尊厳と人間性を剥奪されることになるのです。

例えば、私は今年初め、国際空港で搭乗手続きが予定より早く締め切られたために、パニックを起こしてしまいました。

飛行機のドアはあと5分は開いているはずでした。
ゲートの係員に私が自閉症であることを説明し、特別なサポートが必要であることを伝えても、非常に冷たい反応をされました。

私たちの脳は目に見えるものを優先するのであって、耳に聞こえるものを優先するとは限りません。

blank

ゲート係員から「サポートすることはできない」と言われると、私の脳は火に包まれ、パニックを起こしてしまい床に倒れ、泣き出し、過呼吸になりました。

幸いなことに、それを見たゲート係の女性が近づいてきて、自分にも自閉症の幼い息子が二人いることを話してくれました。
しかし残念ながら、私は大人であり、彼女の考える自閉症とは異なっていたため、彼女は私に「子どものように床で泣くのはやめなさい」と言うばかりでした。

この女性のような自閉症に関わる人でさえも、自閉症に対する認識は十分でないことを痛感させられました。
私が求めたのは、ほんの少しの慰めと思いやり、私の苦悩を認めてくれることで、孤独感が少しでも和らぐことでした。

blank

しかし、この現代ではそのようなことは難しく、私は自分で物事を考えなければならないのです。
要するに、私の自閉症は受け入れられなかったのです。
それどころか、完全に拒絶されたのです。
他でもない、自閉症の子どもを持つ母親からも拒否されたのです。

自閉症スペクトラムは、それぞれの人間の経験が異なるのとほぼ同じくらい広いです。
そして、自閉症が何であるかという先入観をもってしまえば、それがどのように現れるものか、狭い視野で見ることになります。

私の場合、私の状態をほとんど知らない世界に身を置くために、公共の場でパニックを起こすことはずっと続くはずです。

私の自閉症を知らない人は、私を受け入れると言うかもしれません。
しかし、それが目に見えるようになったとき、その「受け入れ」はとても儚いものになります。

私や私のような多くの人にとっての自閉症とはそういうものです。
どうか忘れないでください。

(出典:米Psychology Today)(画像:Pixabay

うちの子は重度の発達障害、自閉症、知的障害です。

他人には言う気持ちにはならないことも、さまざまあります。

自閉症はスペクトラム、それぞれが違う。

しかし自閉症でない人だって、さまざまです。

言ったところで、生理的に受け付けなかったり、恐怖さえ感じる人だっているかもしれません。

なので、発達障害や自閉症の一面だけをとらえて、自分もそうかもしれないと軽く公言してしまう人にはとても複雑な気持ちになります。

発達障害当事者の私が思う「ニューロダイバーシティ」の問題点

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「わざとしているのか、ねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。