発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症と正式に診断されて、息子の気持ちに集中するようになった

time 2023/04/04

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症と正式に診断されて、息子の気持ちに集中するようになった

私は15歳の息子を見ていて、胸がいっぱいになっています。
息子はこの1カ月間、朝5時に起床し制服を来て、仕事に出かけています。
パン職人の見習いとして、技術を磨き、社会人になるための準備をするためのインターンシップに参加しているのです。

まだ子どものうちからパン教室に通わせるのは、難しい決断でした。
将来のキャリアの選択肢を大幅に減らすことになるのですから。
しかし、子どもの能力を現実的に考え、子どもが実際に何をしたいのかに耳を傾けることも必要です。

何年も前に、息子は手と目の協応に影響を及ぼす重度の失行症と診断されました。
そして数年後、自閉症と診断され、さらに過度の不安症とも診断されました。

いつもと違うことをしなければならないときは、何が起こるか、どう感じるかを想定しておく必要がありました。それに加えて失行症が重なると、学校から帰ってきたときにはすっかり疲れ果てていました。
知能が高くても、古くからの教育方法には対応できません。

blank

発達障害の子をもつ親のなかには、このような大きな決断をするのはとても難しいと思う人もいることでしょう。しかし、息子の精神科医との対話のおかげで、このような選択をするのは難しいことではないと私は思いました。

息子の自閉症の診断では、3回の検査が必要で、検査が終わるたびに、私はすっかり疲弊してしまいました。
この検査で、私は自分の息子がどれほど変わっているのかを実感しました。

最後の検査の終わりに、医師は私に尋ねました

「息子さんの困難を色の違いのように考えてみるのはどうでしょう?」

不思議なことに、この単純な質問ひとつで、私は話を聞いてもらったと感じました。
何年も前から、息子が兄弟と違うことは知っていましたが、必ずしも悪い意味ではないのです。
息子には違う対応が必要で、幸いにも私は本能的にどうすればいいのかわかっていましたが、それは疲れることでした。

診断が下りた今、私は肩の荷が下りたような気がしました。
別の方法で物事を進めるべきだという懸念はなくなりました。

この診断のおかげで、息子は違うレンズを通して世界を見ているので、息子に困難があるのは当たり前だと思うようになりました。
私はもう、息子は理解できない世界に適応しなければならないとは思っていませんし、ただ、困難な状況に対処する方法を学べばいいのです。

blank

しかし、最も重要なことは、その1つの質問によって、私は自分の気持ちではなく、息子の気持ちに集中するようになりました。

正式に自閉症のレッテルを貼られたことについて、彼はどのように感じるでしょうか?

結局のところ、それは彼がなぜ人生に圧倒されているのか、そしてなぜ彼がしばしば涙を流してしまうのかについての声と理解を与えるのに役立ちました(しかし、彼はもはや欲求不満を感じなくなったので、これらの故障はかなり少なくなりました)

また、パンを作っているときに一番幸せを感じるという事実を表現することもできました。
息子は落ち着いていて、必要とされていて、自分が理解している具体的な何かを達成できると感じています。
匂いに敏感な彼は、焼きたてのパンの匂いに浸っています。

blank

パン職人としての最初の実習を終えた今、私たちは息子のために正しい決断をしたのだと確信しています。

そして、もし医師からもう一度同じ質問をされたら、息子には特別なサポートが必要だということを知り、私自身の気持ちが息子の気持ちを中心に動いていて、自閉症がもたらす才能のおかげで息子がどれだけのことを達成できるかを気づかせてくれることに感謝していると答えると思います。

(出典:仏Aleteia)(画像:Pixbay

素晴らしいパン職人になることを期待しています。

子どもが笑顔で過ごしているのを目にできるのは、何よりうれしいことです。

自閉症の息子は大好きなパン作りを徹底的に研究しビジネスにした

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。