発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女の子。診断が遅れ、男の子よりも大きな課題に直面

time 2023/09/23

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の女の子。診断が遅れ、男の子よりも大きな課題に直面

多くの女性にとって、成人期に診断される自閉症は「暗闇の中の光」であり、自己理解の突然の啓示です。
私の「光の中での瞬間」は20代後半に訪れました。

子どもの頃、私は自分が異なることを苦々しく感じていました。
私の周りの大人や子どもたちは私の奇妙さ、馴染めないことに気づいていました。

実は昔、自閉症ではないかと母親に言われたことがあります。
そのときそれは、小児精神科医によって却下されました。
私は自閉症の特徴に合致していなかったのです。
社交性には少々難がありましたが、アイコンタクトができ、話すことも上手でした。
それから数年経ってから、私は自閉症だと診断され、自分の人生を見直しました。

研究者たちは、異なる性別と性別の人々における自閉症の違いについてますます多くを学んでいます。
そうすることで、私たちの中で迷子になった人々のために、より多くの光が灯りつつあります。
自閉症の人は一つのタイプしかないわけではありません。
自閉症の鍵となる特徴、思考の仕方、コミュニケーション、他者との交流の違いは、診断基準に示される限られた例よりも多様で微妙な方法で現れます。
これは自閉症の女の子にもしばしば当てはまります。

blank

社会的な理解に苦しむ一方で、多くの自閉症の女の子は他の人たちの社会的な行動をうまく模倣します。
話し方や話題においては、自閉症でない男の子よりも上手です。
これを、第一印象にとらえるために、多くの人は自閉症の女の子の困難を過小評価します。

自閉症の男の子と比較して、自閉症の女の子の会話はより社交的な性質を持ち、まわりの人々や友情グループに焦点を当てています。
興味はより社会的で、架空のキャラクターや動物、有名人を含むことが多く、モノではありません。
そして、興味深いことに、しばしば自分から遠ざかる友情や関係に対する強い憧れをもちます。

成長するにつれて、一部の女の子は社交的な状況で使用する「やりとり」を学び、他の人と一緒にいる際に相手を快適にさせることに焦点を当てる受動的な行動を発展させます。
多くの自閉症の女の子や女性は、他人に受け入れられるように見えるようにするために、常にこの種の「社交的な偽装」を行います。

女の子の自閉症は、その微妙さのために、男の子よりもはるかに遅く診断されることがあります。

これは通常、子どもたちを自閉症の支援に導く専門家の認識の不足を反映するものです。
他の理由として、認知能力が通常範囲にある女の子の自閉症に対して診断評価ツールが感度不足による、見過ごしもあります。

診断されていない自閉症の人たちは、他の人が簡単にできることができないことや、社会に適合できないことを痛感しています。
誰も説明をしてくれない場合には、自分で理由を見つけるしかありません。

blank

10代の頃、私は自分が根本的に悪いに違いないと思っていました。
学校ではいじめられ、友だちがいませんでした。
私の研究で協力した自閉症の人たちも、同じように一生苦労し、虐待されたことを自己の失敗と結びつけています。
研究では、遅くなってから診断された自閉症の人たちは、学業の困難、雇用の問題、精神疾患、関係の崩壊といった経験を持つ人たちであることがわかっています。
自閉症の私たちにとって、自分の物語は、不十分さと失敗の物語です。

研究では、自閉症の女の子と女性は自閉症の男性よりも精神的な健康が劣っていることがわかっています。
若いころに診断された人と比較して、後期に診断された人も同様です。
これらの2つの事実はおそらく相互に関連しています。
診断されないまま成長する自閉症の子どもたちは、適切なサポートを受ける可能性が低くなります。
さらに、彼らが苦労する際に同情を示されることも少ないでしょう。

女性の自閉症の認識は、危機の瞬間に訪れることがあります。
思春期の混沌と複雑な社会の世界で起こり、そこで不安とうつの割合が急激に上昇するという時期です。
診断されていないまま身につけた適応スキルと社会的な偽装を狂わせる思春期の世界を揺るがすものです。
しかし、一部の人にとってはこのときに危機が起こらないこともあります。
そして、診断されていない自閉症の人たちは、自殺死亡の高い割合を占めているとされています。

診断以外にも、自閉症の女の子と女性が男の子や男性よりも大きな課題に直面する方法があります。
一般的に女性は性的虐待のリスクが高いですが、自閉症の女性にとってはさらに高いリスクとなります。

自閉症の女性はしばしば、雇用主にはかかえている困難が理解されにくく、感情に仕事が左右されるという性別に関連したプレッシャーに対処しなければならず、その結果、評価が悪くなってしまうことがあります。

おどろくことではありませんが、自閉症の性差に関連したストレス関連疾患と自殺のリスクは鮮明です。
それにもかかわらず、自閉症の女性はまだ支援にアクセスする障壁が大きいのが現実です。

blank

私たちが知っていることは、女の子が肯定的な自己像を持ち、精神疾患のリスクが低い状態で成長するために、早期の診断が極めて重要であるということです。

最終的にたどり着いた私たちにとって、発見された自閉症のアイデンティティは人生を変える贈り物となります。自分自身を見つけることは、お互いを見つけ、自己責任からの解放と新たな所属意識を見つけることでもあります。

(出典:米THE CONVERSATION)(画像:Pixabay

一見すると、むしろうまくやっている。

しかし、実はそれは大きな苦労の上に取り繕ったもの。

ご本人の苦労は他人が簡単に理解できるものではないでしょうが、少しでも理解し、そしてそんなことをしなくても済むように、受け入れる社会になることを心から願います。

自閉症の女性は虐待を受けやすい。「自分のせいだと思っていた」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。