発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

創造的な人には精神疾患や発達障害の人が多いが手品師は?研究

time 2023/11/24

この記事は約 5 分で読めます。

創造的な人には精神疾患や発達障害の人が多いが手品師は?研究

芸人、俳優、詩人、作家の中で、精神疾患に苦しんだ人を知っていますか?
俳優のロビン・ウィリアムズさんなどが思い浮かぶかもしれません。
これらの方々は、双極性障害と診断された苦闘が広く知られています。

精神疾患は創造的思考と関連づけられてきました。
たとえば、数学者ジョン・ナッシュの統合失調症との闘いは映画『ビューティフル・マインド』(2001年)でも見ることができます。

研究はこの関連を支持し、統合失調症などの精神疾患を持つ人々は創造的な職業に就く可能性が高いことを示しています。
また、スタンダップコメディアン、アーティスト、科学者などを含む創造的なグループは、その精神的健康に課題を抱えることが多いことも示しています。

しかし、すべての創造的な人々が同じでしょうか?

私たちの新しい研究は、これまでに研究されたことのない独自の創造的なグループであるマジシャンが、統合失調症などの一部の精神疾患に似た傾向を示すかどうかを探ることを目的としました。
また、自閉症などの神経発達的な違いを持つ可能性が高いかどうかも調べました。

多くの研究者は、精神疾患と神経発達的な違いの両方が創造的な思考を促進できると考えています。

科学者テンプル・グランディンさんはその有名な例です。
彼女は自閉症スペクトラムに位置している経験を、家畜の扱いをより人道的な方法で行う「ハグマシン」の開発に貢献したとしており、後に他の自閉症の人々にも受け入れられました。

精神的な健康状態は、不安やうつから人格障害や精神病までさまざまです。
誰かが精神病を経験するとき、それは連続体で測定され、特定のパターンやエピソードを経験する人だけが統合失調症と診断されます。

統合失調症とは診断されていない人々、たとえばエピソードが少ないか症状が軽度な人々は、時折思考が散漫になり混乱することがあります。
これは焦点を合わせるのが難しいかもしれませんが、創造性を促進するのに役立つこともあるのです。

blank

マジシャンは自分自身のショーを作成し、演じるという点でユニークです。
この意味では、彼らはコメディアンに似ています。
他の多くの創造的なグループは、作成するか演じるかのどちらかだけです。

しかし、コメディアンとは異なり、マジックパフォーマンスにははるかに多くの賭けがかかっています。
コメディアンの冗談が受けない場合、不快かもしれませんが、ショー全体を台無しにすることはまずありません。

観客を笑わせるいくつかの良い冗談があれば、コメディアンは再び正軌に戻ることができます。
一方、失敗したマジックトリックは壊滅的であり、もう演技を続ける機会はほとんどありません。
したがって、マジシャンはパフォーマンスが非常に正確で、同時に観客を楽しませるために高度な技術力を持っている必要があります。
このユニークな作業環境とスキルセットが、彼らを研究する魅力的な創造的なグループとして位置づけました。
私たちは、プロのマジシャンの協力を得て、独自の研究を行いました。

私たちの研究には、主に英国とアメリカからの195人のマジシャンが参加しました。
彼らは平均して35年間のマジックパフォーマンスの経験を持っています。
これにはクローズアップマジシャン、メンタリスト、カードの専門家、大規模なステージのマジシャンが含まれています。

blank

マジシャンたちは自閉症的な特性と精神病的な特性に関する質問紙を記入しました。
これらの結果は、年齢層と性別分布、およびコメディアン、詩人、俳優、ミュージシャンなどの他の創造的なグループと同様のサンプルと比較されました。

マジシャンたちは自閉症的な特性に対する傾向を示さず、一般の人口と同様のスコアを取得しました。
しかし、マジシャンたちは一般のサンプルや他の創造的なグループと比較してほとんどすべての精神病的な症状で低いスコアを示しました。

特に、これらのマジシャンは非常に高い集中力を持ち、社交不安のレベルが低く、異常な経験、歪んだ思考、幻覚の事例は少なくなっていました。
これらの特性は、彼らが注意を散漫にせずに自分の技術に集中するのを可能にし、彼らの仕事を優れたものにします。

私たちが研究したマジシャンたちは、反社会的な行動の傾向も示さず、自己統制が良好でした。
これらの特性は、芸術家やコメディアンなど多くの創造的なグループにとって価値がありますが、マジックパフォーマンスにとってはあまり重要ではありません。
マジックパフォーマンスは社交的なイベントであり、観客を巻き込み、時にはアシスタントを使用することがあります。
したがって、友好的で愛想の良いことは成功するための重要な要素です。

この点で、マジシャンは精神病的症状が低い科学者と似ています。
両者は仕事に高い組織力と忍耐力を必要とします。
さらに、科学者が同じ問題に対する異なる解決策を探求することがあるように、マジシャンは同じマジックトリックを複数の方法で演じることができます。

マジシャンのパフォーマンスにおいては創造性のレベルが異なります。
一部のマジシャンは斬新で革新的であることがあります。(例えば、デビッド・カッパーフィールドの有名な飛行のイリュージョンをご覧ください)、しかし、多くのマジシャンは既知のトリックを演じて成功を収め、時には独自のアレンジを加えるだけで新しいトリックを作成する必要はありません。

他の創造的なグループとは異なり、マジックショーはトリックが機能するために正確に同じ方法で繰り返す必要があります。
マジシャンの誓いはトリックの秘密を明かさないことを許可し、観客が飽きずに同じトリックを繰り返し楽しむことを可能にし、アクトの神秘性を保ちます。

blank

したがって、他の創造的な活動とは異なり、精神疾患や発達的な違いはマジシャンの仕事には逆効果かもしれません。

統合失調症的および自閉症的特性の高いマジシャン志望者は、この職業で成功するのが非常に難しいかもしれません。

最終的に、私たちの研究は、すべての創造的な個人が同じではなく、創造性と精神病との関連性は以前に考えられていたよりも複雑であることを示しています。

(出典:英THE CONVERSATION)(画像:たーとるうぃず)

クリエイティブな人たちには、発達障害や精神疾患の人が少なくないけれど、マジシャンはそうではなかったという研究結果です。

なんだか残念です。

少年は言う、困難の原因の発達障害が舞台でのマジックに役に立つ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。