発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人は1箇所だけを見て、他人の顔を判別をする。研究

time 2024/03/29

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

自閉症の人は1箇所だけを見て、他人の顔を判別をする。研究

ジェームズ・マクパートランド博士(イェール大学チャイルド・スタディ・センター(YCSC)のハリス教授兼イェール大学医学部脳と心の健康センターのディレクター)とジェイソン・グリフィン博士(YCSCのヒリブランド博士研究員)によると、自閉症の一部のティーンエイジャーは、顔を認識する際に、自閉症でない人たちとは異なる目の動きのパターンを使用します。

目の動きは、人たちを区別する過程の一部です。
自閉症の人たちが社会的情報を自閉症でない人たちとは異なる方法でどのように処理しているかがわかるかもしれません。

自閉症は、それを定義するスペクトラム全体にわたって非常に異なる形で現れる傾向のある複雑な神経発達条件です。
この状態の特徴には、言語やその他の発達の側面の違い、および高まった感覚の敏感さが含まれることがあります。
しかし、ほぼ普遍的な自閉症の特徴の一つは、神経典型的な人たちとは異なる方法で他人と相互作用する傾向です。

これの一例は、自閉症のある人たちが他の人と目を合わせる時間が少ないことが多いということです。
これは、自閉症の人たちの心がどのように機能するかを説明しようとする多くの研究の焦点となっています。

『自閉症と発達障害のジャーナル』に掲載された今回の研究では、第一著者グリフィンとマクパートランドおよび同僚たちは、自閉症のティーンエイジャーからの既存の目の追跡データの新しい分析を使用して、スペクトラム上のティーンが人の顔をどのように学び、認識するかについて新たな洞察を得ることができるかを見ました。

研究では、研究に参加したティーンエイジャーが自閉症でない人と同じくらい正確に正面からの顔を思い出したことがわかりました。
しかし、自閉症の人の視線は異なるもので、顔の一部にのみ集中的に焦点を当てることがわかりました。

この発見は、医師が潜在的な自閉症のサブグループを特定する特徴として使用することができるようになるかもしれませんとマクパートランド博士は言います。
顔の記憶の正確さは、これまでの研究からするとめずらしい発見でした。
グリフィン博士が指摘するように、以前の多くの研究では、自閉症のある若者が顔を認識する際の正確さが低下していることが示されています。

人を区別する主な方法の一つは、顔を勉強し記憶することです。
人間の脳は、見知らぬ人、友人、知人の中で区別をつけるのに役立つシステムである、何百もの顔の詳細を登録するように適応しました。

このプロセスを研究する方法の一つは、目の動きを追跡することです。

自閉症の人たちの目の動きに関するほとんどの研究は、他人の口や目をどれだけ頻繁に、またはどれくらい長く見るかのようなことに焦点を当ててきました。

目の動きの大きなパターンを見ようと、グリフィン博士と研究チームは、マクパートランド博士が20年前に収集したデータを再分析しました。
元の実験では、12歳から17歳の間の32人のティーンエイジャー(そのうち15人が自閉症だった)に、見知らぬ人の顔を記憶するように求めました。
その後、ティーンエイジャーたちは、新しい顔と以前に見せられた顔を区別できるかどうかをテストされました。参加者が被っていた帽子に取り付けられたカメラにより、研究者は実験中の目の動きを追跡することができました。

新しい分析では、グリフィン博士はティーンエイジャーが一度に10秒間どの顔の部分を見ていたかを追跡しました。
すると、2つのパターンがあることがわかりました。

顔を記憶する際、自閉症のあるなしにかかわらずティーンエイジャーは顔の小さな領域に焦点を当てました。

しかし、同じ顔を後で見せられたとき、神経典型的なティーンエイジャーは焦点を絞った視線から始めてから、顔の他の部分へと目を動かしました。
一方、自閉症のあるティーンエイジャーは、ただ一つの場所に焦点を当て続けました。

この発見が何を意味するのかはまだ不明です。

一つの可能性は、自閉症のティーンエイジャーが、彼らが見ている顔を覚えることができるように、集中的な焦点を当てた視線を補償戦略として使用していることです。
しかし、自閉症の子どもたちがこうした異なる動作をする理由についてはわかりません。

これらの研究結果は、自閉症のさまざまなタイプを見分けるために役立つ、より広範な生体マーカーのデータセットの一部として取り入れることができるでしょう。
自閉症は多くの形態があり、各グループの傾向を理解することは、彼らがどの程度のサポートを必要とするかなど、長期的な結果に備えるのに役立つかもしれません。

マクパートランド博士と研究チームは現在、数百人の自閉症の人たちを対象にしたより大きなデータセットでこの同じ方法を展開し、目の動きと顔の認識を新しい方法でカテゴリー化できるかどうかを見る計画を立てています。

「長い間激しく研究されてきた状態にもかかわらず、確実に知っていることが驚くほど少ないのです」

そう、マクパートランド博士は言い、こうした研究が、医師が状態をよりよく理解し自閉症の人を助ける方法を見つけるのに役立つことを望んでいます。

(出典:米イェール大学医学部)(画像:たーとるうぃず)

話すことができず、意思表示が難しいうちの子のような人には、こうした生体反応を理解することが大きな助けとなります。

自閉症の子は人より「幾何学模様」を好む。米国立精神衛生研究所

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。