発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の私はテレビと映画で、社会的なスキルを身につけた

time 2024/05/14

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

自閉症の私はテレビと映画で、社会的なスキルを身につけた

子どもの頃、私はテレビの前でたくさんの時間を過ごしていました。
10代になり、映画の魅力に出会うと、できるだけ多くの映画を観ようとしました。

最近になって初めて気づきましたが、私にとってテレビや映画を観ることが、人との交流や社交スキルを学び、他人に心を開くきっかけとなっていました。

私は小学校時代からほとんどの高校生活を通じて、いじめに苦しんでいました。
ただし、高校最終年の数ヶ月を除いてです。
本やビデオゲームも助けになりましたが、今振り返ると、映像世界が何らかの影響を与えていたかもしれないと思います。

幼い頃から、私は仲間の中で異邦人のように感じていました。
他の子がバスケットボールを好む中、私は本を読む方が好きで、彼らがクラス全員で家でパーティを開きたがるとき、私は二、三人の友達に来てもらうことを望んでいました。
簡単に言えば、私は大勢の人々の中で快適に感じることがありませんでした。
まるで自分が露出しているように感じ、笑いも私の冗談で起こっているのではなく、私の自身のせいで起こっているように感じました。
私は一人で何か他のことをする方がよかったです。

自分をうまく表現する方法や、特定の瞬間に何を言うべきかはわかりませんでした。
カジュアルな会話を続けることができず、しばしば自分で作り話をしていたと思いますが、誰も疑わなかったでしょう。
なぜなら、私は多くのフィクションを消費していたからです。
フィクションは私の逃避先であり、今もそうです。

何度も何度もキャラクターが会話をするのを見ることで、話をすることが危険ではないことを理解しました。
そして、視覚的なサポートは、IQやコミュニケーションスキルに関わらず、子どもたちにとって価値があることがわかります
多くの自閉症スペクトラムの子どもたちは、見ることによって学ぶのです。

愛するキャラクターたちが私が望むように行動するのを見ることは、私にとって一種の間接的な学校のようなものでした。
私はテレビ、映画、ビデオゲーム、そして初めて持ったAndroidのスマホから目が離せなくなりました。
好きなキャラクターがどのように発言し、どのように振る舞うかを推測し始めました。

突然、私はもう孤独を感じなくなりました。
頭の中や目の前の画面には多くのキャラクターがいて、いつでも彼らのところへ行っては訪問しているように感じたり、彼らが私の家に来たように感じたりしました。
どちらにせよ、ある意味で彼らを本物の人間として見て、彼らが私を傷つけないなら、実際の世界もそうだと気づきました。

これらのキャラクターは会話を始めたいときの参考点となり、新しい人に会うときには通常、彼らの番組や映画の名前を挙げることができました。
徐々に音楽についても話すようになり、見たビデオやシングルについて話しました。
時々、彼らが私の趣味を共有していないときには恥ずかしさを感じ、私が好きなもののために「普通ではない」とはっきりさせましたが、今でも続いているいくつかの友情はそのような共通の「友達」から始まりました。

これは珍しいことではありません。
共有の興味があると、誰かとつながるのが容易になります。
オゾノフ、ドーソン、マクパートランド(2002年)の研究では、アスペルガー症候群の子どもが、特定の専門知識がある場合、サイエンスフィクションクラブやテレビファンクラブで社会的地位を獲得するのに役立つかもしれないと説明しています。

もちろん、このような変化は、私が家に閉じこもったままで、新しい人々と出会うために心を開く試みをしなかったら起こり得ませんでした。
変化は自分自身の内側から始まるものです。
これは私たち全員がいつか直面し、受け入れなければならない事実です。

たとえば、私が間違ったことを言ったり行動したりした時に感じる恥ずかしさについて考えてみましょう。
これは誰にでも起こり得ることです。
実際の人間であれ、映画やテレビのキャラクターであれ、同じです。

こう知っていれば、自分の感じ方や考え方を変えたり、感情をコントロールするのが以前よりも容易になります。
つまり、誰にでも間違いは起こり得ると理解することで、自分自身に対しても他人に対しても寛容になれるのです。

(出典:米Autism Parenting Magazine)(画像:たーとるうぃず)

昔とは比べものにならないほど、たくさんの情報がいろいろなかたちで得ることができるようになりました。

いろいろなことを知って、好きになって、共通の趣味を通じて他人とのつながりも楽しんでほしいと願います。

ゲームは自閉症の子どもたちに「最も魅力的な」療育方法。研究

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。