発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の4〜5歳の子でトイレができるのは5割。練習の方法

time 2024/05/19

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

自閉症の4〜5歳の子でトイレができるのは5割。練習の方法
  • 子供のトイレトレーニング時に考慮すべき周囲の環境や恐怖について、どのように取り組むべきか?
  • トイレトレーニングの準備が整っているかどうかを見極めるためのエベリン・ロメロのポイントは何か?
  • 子供のトイレトレーニングにおける成功の鍵となるポジティブなアプローチやご褒美の考え方はどのようなものか?

「トイレトレーニング」は、多くの家庭にとって重要な課題です。

お子さんは小さく、閉じ込められたようなバスルームに冷たく硬い物や大きな音、そしてスプレーに恐怖を感じるかもしれません。
トイレトレーニングができていない子供は、幼稚園に通ったりレストランに行ったりすることが難しくなります。以前に失敗した経験があると、トイレに対するネガティブなイメージがつき、抵抗感が増すこともあります。

でも、心配しないでください。解決策はあります。

ほとんどの神経発達が典型的な子供は、3歳半から4歳までに排便や排尿のコントロールができるようになり、トイレトレーニングが完了します。

2013年に看護師であり、行動分析家であり、著者であり、オンラインコースのクリエーターであり、そして自閉症の子供を持つ「ポッティクイーン」として知られるメアリー・バーベラ博士が、208人の自閉症の子供を持つ介護者を対象に調査したところ、4歳から5歳でトイレトレーニングが完了しているのはわずか50%でした。
約半数はトレーニングに1年以上かかり、30%はトレーニング後に一時的に後退することがあると報告しています。

また、以下のような行動も報告されています。

  • 家や慣れたバスルームでしか用を足さない
  • すべての服を脱ぎたがる
  • 排便を我慢する
  • トイレに座ることを怖がる
  • 便を塗りたくる
  • おねしょをする
  • きちんと拭けない

カナダトロントのジュネーブセンター自閉症センターの臨床サービスおよび品質保証マネージャーであるエブリン・ロメロは、トイレトレーニングの準備ができているかどうかを判断するために、次のようなポイントをチェックします。

  1. 子供が簡単な指示を理解し従える
  2. おむつが少なくとも30分間濡れていない
  3. トイレに座ることができ、座る意志がある
  4. 言葉、補助技術、絵、または手話で何らかのコミュニケーションができる
  5. パンツを自分で上げ下げできる

ロメロは、親に見逃しがちなサインにも注意を促します。
例えば、子供がもじもじしている、トイレに行きたがっているサイン(「おしっこダンス」をする、しゃがむ、足を組む)を見逃さないようにすることです。

また、家族の準備が重要であることを強調しています。
規則的で一貫した日常のルーチンが鍵となります。
新しい赤ちゃんが生まれる予定があったり、旅行を計画していたり、ゲストが訪れたり、母親が不在だったりする場合は、トイレトレーニングを待つ方が良いでしょう。

子供の実年齢と発達年齢によって異なりますが、バーベラ博士は12〜18ヶ月の早い段階から始めることを理想と考えています。
小さなおまるに座り、ポジティブな強化を組み合わせることで、「これは日常の一部であり、バスルームにいることで良いことが起こる」と子供が理解し始めます。
自閉症の子供が3歳半から4歳になるまで待って急にトイレトレーニングを始めると、抵抗感が増す可能性があります。

しかし、「始めるのに遅すぎることはない」とも強調しています。

ポジティブで罰を与えず、目標指向のアプローチを取りましょう。
バーベラ博士とロメロは次のように推奨しています:

  1. 30分ごとにおむつをチェックし、濡れているか、汚れているか、乾いているかを記録します。
    こうすることで、その子のパターンが見つかります。
  2. 「トイレトレーニング担当」を決めます。通常は親や祖父母が担当し、チームアプローチを取ります。
    バーベラ博士は、これには子供の学校も含まれることを忘れないようにと述べています。
    トイレトレーニングの戦略は、個別教育計画(IEP)に書き込むことができます。
  3. 歌を歌ったり、物語を読んだり、視覚的なサポートを使ったり、さまざまな環境(家、学校、コミュニティ)でのトイレ利用に関するビデオを見せたりします。
    家族も望ましい行動をモデル化することができます。
  4. 子供が感覚過敏である場合、バスルームでノイズキャンセリングヘッドホンを使用したり、柔らかく快適なトイレシートを用意したりすることを検討します。
  5. 足のサポートのために踏み台が必要かどうかを確認します。
  6. 用語を決めます。
    「おしっこ」、「うんち」、「トイレ」など、どの言葉を使うかを決めます。一貫性が重要です。

また、専門家の意見は常に一致するわけではないことも知っておいてください。
例えば、ジュネーブセンターは子供が昼間はずっと下着を履くことを推奨していますが、バーベラ博士は、計画された時間にトレーニングを行う一方で、家の外では必要に応じておむつやトレーニングパンツを使用しても良いと考えています。

トイレトレーニングは次のように行いましょう。

  • 時間をかける
    トイレトレーニングには数週間から数ヶ月かかることがあります。失敗も起こるので、予備の下着、ペーパータオル、掃除用品を用意しておきましょう。洗える靴もお勧めです。
  • ルーチンを確立する
    バーベラ博士は、最初は30〜60分ごとにトイレに座る時間を設けることを提案しています。試行回数を増やすために、子供に余分な液体を与えると良いでしょう。1時間ごとに4オンスの液体を摂取するだけでも良いと彼女は言っています。成功することで、徐々に間隔を広げることができます。
  • 子供を動機付けるご褒美を見つける
    子供によっては、なぜトイレを使う必要があるのか理解できないことがあります。
    ご褒美は、期待される行動を理解させる手助けをします。
    ファースト-ゼンアプローチを使用できます:「まずおしっこをしたら、次にアニメを見られるよ」といった具合です。
    ご褒美は、食べ物のご褒美、特別な本、ポータブルDVDプレーヤーやトイレに置いたiPadなどが良いでしょう。
    それらは即時に与えられ、トイレトレーニングのためだけに予約されるべきです。
    アイスキャンディやレモネードなどの特別な飲み物は、ご褒美に役立ちます。
  • 家の外で子供のニーズを考える
    例えば、トイレの音を怖がる場合は、フラッシングセンサーにポストイットを貼ることができます。

トイレトレーニング中は、成功と失敗を記録し、子供がトイレに座る頻度、排尿や排便の回数、飲んだ液体の量をメモしておきましょう。
これにより、問題と解決策を特定し続けることができます。

もし子供が後退したり、通常よりも多くの失敗をしたりする場合は、医療専門家に相談してください。
トイレを使用するのが不快な原因となる便秘や尿路感染症などの医学的な問題を除外することが重要です。

特に便秘は、西洋の食事や早期トイレトレーニングの推進によって悪化する問題です。

小児泌尿器科医のスティーブン・ホッジス博士の著書『イッツ・ノー・アクシデント』では、事故を起こす自閉症の子供の90%が便秘であることが明らかになっています。
たとえ親が便秘でないと言ってもです。

バーベラ博士は、理想的には子供が毎日トイレに行き、「甘いマッシュポテト」のような排便をするべきで、長い形の便や硬いボール状の便ではないことを付け加えています。

トイレトレーニングを正しく理解しましょう。
これは他の行動と同じように一つの行動です。
成功の鍵は、計画を持ち、一貫性を保ち、体系的でチームアプローチを取ることです。

(出典:米Today’s Parent)(画像:たーとるうぃず)

なかなか、大変です。

気長に取り組みましょう。

自閉症の子どもと家族に一番良いペットになる動物はなに?

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。