発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

父親が創業。自閉症や知的障害の人たちの洗車事業が中国全土へ

time 2024/06/22

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

父親が創業。自閉症や知的障害の人たちの洗車事業が中国全土へ

活気ある都市シェンジェンにあるカーウォッシュで、従業員たちが午前8時に一日の始まりを迎えます。
彼らは自ら考えたルーティーンで、水を撒き、泡を立て、楽しい音楽に合わせて身体を揺らしながら、車を洗う作業をまるで楽しいゲームのように行います。

このカーウォッシュの名前は「シーハンアル」。
「幸せな純粋な子供たち」を意味します。
ここで働く精神的な課題を持つ従業員たちを表すのにぴったりの名前です。
彼らの平均年齢は26歳ですが、知的能力は7歳の子供相当です。

約10年の間に、シーハンアルの従業員は8人から15人へと成長し、10万台以上の車を洗ってきました。
これにより、彼らは賃金を得るだけでなく、自立と尊厳を持った生活を築いています。

中国では、知的障害を持つ人が約1200万人います。
しかし、彼らの就労率は10%にとどまっています。
自閉症、ダウン症、脳性麻痺などが彼らを特別な存在にしますが、このシーハンアルカーウォッシュセンターはこれらの厳しい状況を打ち破っています。

「私たちの従業員は確かに特定の課題を抱えていますが、清潔さや価格で他のカーウォッシュに引けを取りません」

そう、このシーハンアルの創設者である曹軍は語ります。
曹自身も知的障害を持つ子供の父親です。

2002年、彼の息子が生後7ヶ月で「発達遅延」と診断され、知的レベルが6歳から7歳の頃にピークを迎えると予測されました。
これは曹と妻にとって大きな打撃でした。

「もし私たちがいつか亡くなったら、一人前に成長することのない息子を残してしまうのではないかと思わずにはいられませんでした」

夫婦はもう一人子供を持つことも考えましたが、後にその考えを諦めました。

「もう一人の赤ちゃんがいれば、私たちも気を紛らわせることができますが、将来的には兄を支えなければならない責任を負わせることになり、二人にとって不公平です」

2015年8月、曹は同様の課題に直面している他の9人の親と力を合わせて、カーウォッシュの開業資金をクラウドファンディングで集めました。
この取り組みは、地元の特別支援学校の卒業生8人で始まり、2020年には曹の息子も卒業後に加わりました。

「カーウォッシュは高度な技術や大きな投資を必要としません。
適切な訓練があればうまくいくのです」

シーハンアルカーウォッシュは、開業初期はスムーズには進みませんでした。
清潔の基準についても従業員たちの見解が異なっていました。

「車を基本的に洗えば十分にきれいだと彼らは考えていました」

この問題を解決するために、曹はプロのトレーナーを雇い、車を18のセクションに分けて従業員が個別に洗うよう指導しました。
さらに、知的障害の程度に応じて作業員を分け、それぞれが特定の作業部分を担当するようにしました。
これにより、競争力のあるサービス速度を実現し、20分から30分で車を洗うことができるようになりました。

曹とトレーナーはまた、従業員が適切な服装で来るよう指導し、顧客に礼儀正しく挨拶し、コミュニケーションを取れるよう指導しました。

従業員は月に2,360元(約53,000円)を稼ぎ、給料日にはお互いにソフトドリンクを奢り合って、達成感を共有します。

曹の哲学は、金銭的な持続可能性を超えて、自立の文化を育てることにも焦点を当てています。

曹はチップの受け取りを固く禁じています。
シーハンアルの従業員の障害ではなく、その仕事ぶりを見てほしいというメッセージを強調しています。

「自分たちを特別だと主張しないことで、より多くの人に受け入れられるのです」

彼らの卓越した取り組みは、リピートする顧客基盤を築き、点評網(ディアンピン、中国のレビューサイト)でも好評を得ています。

「こんなにたくさんの笑顔を見るのは久しぶりだ。とてもいい。また訪れたい」

そんな、レビューが投稿されています。

カーウォッシュの順調な運営のおかげで、全国から知的障害を持つ子供の親たちが学びに訪れ、曹は職業能力評価システムや訓練内容、職務割り当てシステムを無償で喜んで共有しています。

曹のカーウォッシュと地元の省障害者連合会の支援により、2016年に青海省で別のシーハンアルカーウォッシュが運営を開始し、16人の精神障害を持つ人々を雇用しました。

2022年5月には、中国障害者連合会がシーハンアルカーウォッシュプロジェクトの全国推進を支持する文書を発行しました。
昨年末までに、中国全土にシーハンアルカーウォッシュの数は42に達し、南京、合肥、アルタイ、赤峰を含む多くの都市で400人以上の精神障害者が雇用されています。

深セン大学障害者発展研究センターの執行ディレクター、周陵鋼によれば、シーハンアルカーウォッシュのサービスモデルは急速に全国で普及し、知的障害者の雇用障壁を破っています。

このモデルは、市場主導の社会化された道を探求し、地域の条件に応じて地元のリソースを活用しています。
たとえば、障害者連合会や配慮深い企業などです。

周の研究チームは、シーハンアルカーウォッシュモデルを徹底的に調査し、精神障害者向けのプロフェッショナルなカーウォッシュサービスガイドを作成しました。
このガイドは間もなくグループの基準書として発行される予定です。

曹は他のカーウォッシュセンターと金銭的な関係はありませんが、更なる施設の開設を望んでいます。

「1,000か所の施設が運営されれば、1万の家族に支援が届けられます」

(出典・画像:中XINFUA NET

すばらしいです。

父親、そして事業家として尊敬します。

自閉症の子の父が起業した洗車事業「自閉症の人だから成功」

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。