発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子ども向けおもちゃ店オープン

time 2016/11/27

発達障害の子ども向けおもちゃ店オープン

米シカゴに玩具店がオープンしました。

このお店の特別なところは、発達障害のある子ども向けであることです。

シカゴのこのお店は、他にはないものです。
特に自閉症スペクトラムの子どもたち向けになっています。
お店の名前も「スペクトラム・トイ・ストア」です。

このお店では、感覚のおもちゃや福祉用具、療育向けの製品などを提供しています。

このお店のオーナー、ジャミラ・ラヒムは、さまざまな家庭で療育をしようとして、このようなお店が必要になっていることに気づきました。

ラヒムはベンチャー企業を作り、お店を出しました。
このお店ができたことで、それが自分たちに合っているかどうかを確認してから、家族は玩具を購入することができます。

このスペクトラム・トイ・ストアは、障害を持つ子供たち向けの、イリノイ州の唯一の非営利の玩具店です。
3歳から13歳の子どもが主な対象です。

この玩具店では、店内でさまざまなアクティビティも提供しています。
コミュニケーション、運動、感覚などのスキルを身につけるものです。
これらのアクティビティはすべて、楽しく遊んで行えるものです。

このお店に対する反応はとてもよいものです。
近隣の人たちにも、この取り組みは快く迎えられています。
訪れるお客さんも、お店をより良くするためのアドバイスをくれたりします。

ジャミラ・ラヒムには、さらにたくさんのプランがあります。
そのひとつが、玩具の定期購入プログラムです。
それで得た収益は、来年のサマースクール向けの奨学金になります。

(出典・画像:Parent Herald

ただ、販売をしているだけではなく、

療育につながる催しも行う、また新たな取り組みをしてその収益で別の役に立つことに行っていく。

素晴らしいです。

たーとるうぃずでも、発達障害の方向けに考えられた「いじれるアクセサリ」を扱っています。

そわそわしたら、まわそう。回転する指輪

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。