発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

ねんどでキャラクターを作る発達障害の少年

time 2016/12/22

ねんどでキャラクターを作る発達障害の少年

12歳の発達障害の少年は、いつもまわりに慣れることに苦労をしていました。
その少年が、ねんどでキャラクターを作って自分を伝える方法を見つけました。
「どうしてかわかりません。けれど大好きなんです。」

ジェイデン・ムーアが言います。

療法士に勧められ、ねんどで、不安をコントロールすることができるようになりました。

ねんどでキャラクターを作る発達障害の少年 n2-1-1024x768 ねんどでキャラクターを作る発達障害の少年 n5-1024x768

ムーアの母親は、ねんどをすることで息子が穏やかになることができるようになったと言います。

「学校では、ときどき家に帰りたいと興奮することもありましたが、今は落ち着けるようになりました。」

母親は、学校では息子が苦しんでいたため、2年半前から、自宅での学習を始めました。

学校にいた頃は、泣き叫ぶことも多く、暴れて自傷行為を行うこともありました。

「教室にいることが困難になり、教室では90%の時間ひとりぼっちでした。

学校を3回変えましたが、いつもそうなりました。」

そう母親は語ります。

しかし、自宅での学習に変えて、ムーアがねんどで遊び始めると、全てが変わりました。

「息子はリラックスできるようになりました。
家の外でも。

不安になっても、大丈夫になりました。」

ねんどが、今まで誰も知らなかった、ムーアの創造性を解き放ったと母親が言います。

「学校で、家族参加で絵を描くような機会があっても、参加することはできませんでした。」

今、ムーアは飼っていた猫のスクラッピーをねんどで作っています。

「その猫は初めて飼った猫でした。亡くなってしまいましたが、ベストフレンドでした。」

ムーアがそう言います。

ねんどでキャラクターを作る発達障害の少年 n7-1024x768 ねんどでキャラクターを作る発達障害の少年 n8-1024x768 ねんどでキャラクターを作る発達障害の少年 n4-1024x768

ねんどで作ることで、悲しみも我慢できると母親が言います。

今、ムーアが作るのが好きなものは、人々にとって大事な友だちです。
その人が飼っている動物の小さなレプリカをたくさん作っています。

(画像・出典:カナダGlobal News

親子ともに落ち着いて、過ごし生きていくための方法と時間を見つけることができて本当によかったと思います。

3回も学校を変えたこと、小さな頃も大きくなった今でも、赤い服を着ているこだわりからも、こうなるまでに多くの苦労があったと察します。

また今は、自分が楽しめるだけでなく、他の人にも喜ばれるその人が飼っていたペットをねんどで作っているとのこと。

素晴らしいですね。どんどん作って、極めていって頂きたいです。

 

基地にまでよばれるほど作り込みをしている男性もいます。

大佐が見たいほどの模型を作る発達障害青年

(チャーリー)

 

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。