発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の息子のパンツの中には恐竜がいる

time 2017/02/04

発達障害の息子のパンツの中には恐竜がいる

母親は、発達障害の息子のかわいらしいところを心あたたまる手紙に書きました。

9歳のジャック・ノートンは奇妙なことをします。
例えば、恐竜のおもちゃをパンツの中に入れて学校に持っていこうとします。

母親の37歳のニコラはある朝、
ジャックが恐竜を持っていこうと準備をしているときに、先生への手紙を書きました。

困っているだけではなくて、何が起こるのか少し楽しみにしていると。

「ふつうに学校に行く準備をしていました。
息子のジャックも準備ができて、スクールバスが来るのを待っていました。

床に恐竜のおもちゃと一緒に座って、とても幸せそうでした。
すると、ズボンのなかに恐竜のおもちゃを隠しました。

これまでに、6つの恐竜のおもちゃを学校に持っていってしまいました。
そんなに小さいものではないのに。」

母親のニコラは、なんとか持って行かせないようにしたいと思っています。
しかし、そうなってしまうために学校に手紙を書いたのです。

息子のジャックが何かを学校に持っていこうとするのは、よいことではありません。
ジャックはふつうには持って行きません。下着の中に隠し入れて持っていくのです。
ジャックは発達障害で、学習障害があります、そして何にでも興味をもちます。
母親のニコラが、下着の中に恐竜のおもちゃを入れるのは痛いだろうと言っても、ジャックはいうことをききません。

「息子は隠し続けようとして、パンツの中に隠します。
私は取り出そうとします。ゲームのようになります。

息子はこのゲームに勝っても、座った時に恐竜は出てきます。
プラスチックの恐竜をズボンに入れたままでは座りにくいのです。

しかし、全部のおもちゃを出したと思っても、ひとつ残っていたりすることがあります。
これまでにそんなことがありました。

いつも楽しくいたいので、このおもちゃを隠すことを、楽しい出来事にしたいと思いました。

話せなくても、発達障害の息子にもユーモアがあることを見せたいと思いました。」

ユーモアの中には、
息子のジャックや発達障害についてもっと知ってほしいというニコラの力強いメッセージが含まれています。
発達障害であっても悪いことばかりではないのです。

ジャックがおもちゃを下着に初めて隠した時から、隠すのがくせになりました。
学校になんとか恐竜のおもちゃを持っていこうとするのです。

 

「学校の先生へ

今日、息子をトイレに連れていくと、
ふつうではないところから、何かが出てくるかもしれません。

息子の下着が、新たに恐竜を運ぶバッグにならないことを期待していますが、
息子は下着の中で、一匹から五匹の恐竜を飼っているかもしれません。

残念ながら、恐竜をしまうにはもっといいところがあるのを、納得させることができませんでした。

すみません。よろしくお願いします。

恐竜子どもの母親より。」

発達障害の息子のパンツの中には恐竜がいる d3-1024x768

「恐竜を下着に隠すのはユーモアとは思えない人がいると思いますが、息子のジャックにはユーモアがあるんです。

息子は、小さな芸人と呼ばれることもあるんです。

息子は恐竜が大好きです。

好きなおもちゃはあまりないのですが、恐竜のおもちゃは大好きです。

15ヶ月ほど前から恐竜のおもちゃを持っています。学校に持っていこうとするのは初めてです。

息子が持っていこうとするおもちゃを選ぶことはふだんありません。
たいていは、適当なものをパンツの中にいれます。かぼちゃのおもちゃとか。

ジャックの学校は素晴らしいです。

息子についてよく理解してくれています。

ズボンから恐竜を出しても、先生たちは、私がするのと同じように対応してくれます。
楽しい出来事にしてくれるのです。」

ジャックには2人の兄弟がいます。
12歳のハイデンと、ダウン症の4歳のアルビーです。

ニコラと50歳の夫のティムは長い間、息子たちの症状について知ってもらおうとブログも書いています。

発達障害の息子のパンツの中には恐竜がいる d1-1024x768

(出典・画像:英Mirror

一見、良くないことでも、捉え方によっては、楽しいこと、後から役立つことにもなります。

せっかくなら、楽しいこと、役立つことになるように捉えたいものです。

そのほうが、親も子も、まわりの人も、みんなによいはずです。

とことん、子どもと一緒になってスーパーを開いた親もいました。

こだわりを一緒に楽しむ。6歳の子が開いたスーパー

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。