発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子は母の私よりひよこを選んだ

time 2017/02/06

この記事は約 5 分で読めます。

発達障害の息子は母の私よりひよこを選んだ

私の息子が幼稚園にいた頃、米ワシントン大学で開かれた「輝く子ども」を迎えるためのクラスに私と夫は参加しました。
私たちは、子どもが発達障害になることを考えて、参加をしていたのですが、このクラスには特別支援の内容はありませんでした。
よい親になるための内容でした。
「子どもが何を言っているのか、よく聴いてください。」
何度も先生は言いました。
このクラスで学んだこと、子どもの言うことを聴くこと、そして鳥を飼うことで、発達障害の息子との関係を私たちは築いていきました。
私は椅子に深く座って言いました。
「息子は言葉を話さないの。とても心配。」
夫も同感だと言いました。
息子のアンドリューから言葉が出てきません。
ときどき、言葉がありますが、コミュニケーションは限られた言葉と手振りのみです。
私は、よい母親になろうとしてきました。
しかし、これが現実でした。
私は不安になり、怖くなりました。
ある日、私は息子が遊んでいるところを見ようと思いました。
すると眩しい光を嫌がり、音楽も嫌がるのがわかりました。
数週間の間、同じクラスにいる他の子どもたちを見ました。
一人はまるでミュージシャンのようです。
手をたたいて、リズムをとっています。
毎日ピアノの練習をしているとその子の親は言います。
別の子は、紙で帽子を作ったり、頭の上にプラスチックの飛行機を持って遊んでいます。
教室内を走り回って、飛んでいるかのように腕を伸ばしています。
その子の祖父はパイロットだそうです。
私の息子はマントを身に着けていました。
息子のアンドリューは家では、私を空想の世界に連れて行ってくれます。
スーパーヒーローたちがいる世界です。
レックスというしゃべる恐竜、ロケットパンチができるテディベア、地球から宇宙へ飛び出せる赤いワゴンが出てきます。
私は、息子の世界に入れることをうれしく思っていました。
私が役に立っていることを感じ、誇りを持てます。
私はマントを身に着けていませんが、私もアンドリューのスーパーヒーローの一員なのです。
ある日、私の夫がスーパーからひよこを買ってきました。
それから、私たちは変わりました。
その日、アンドリューは本当に会話をしたのです。
私とではありませんでしたが。
アンドリューはひよこと会話をしていました。
その後、
「僕の新しい友だち。」と息子は私に言いました。
「僕のことをよくわかってくれるんだ。」
これが、私が初めて理解することができた、息子との会話でした。
ひよこと話をしているときは、息子は夢や希望、そして不安について語っていました。
小さなひよこを、息子はポケットに入れて、どこにでも連れていきました。
h2-1024x768 発達障害の息子は母の私よりひよこを選んだ
私はとって代わられてしまいました。もう、スーパーヒーローではなくなっていました。
アンドリューは私に、鳥と一緒にいる時に感じる、やすらぎがないと言いました。
最悪です。
私は、息子にあわせた振る舞いができていませんでした。
私が、私の目を見るようにお願いをするのは、とても苦痛なことだったと言います。
私が手をつなごうとするのは、あまりにも近すぎて嫌だったそうです。
私が他の子どもと遊ぶように言っても、それはとても無理だと感じていたそうです。
私がスーパーヒーローでなくなった理由をたずねると、私が息子のことを理解していなかったからだということでした。
しかし、小さなひよこにはそれらが出来ていたのです。
息子が話をすると、ひよこは頭をかしげ、ウィンクをしてくれます。
ひよこは肩に乗り、息子は手に重さを感じることはありません。
ひよこが、ぴよぴよ鳴く声は小さく、心地よい音量です。
ひよこは、息子にとって完璧だったのです。
「君は僕の鳥。君といると安心。」
アンドリューはひよこにそう歌います。そのひよこも、少し理解しているようです。
丸くて黄色い姿が、私の息子を安心させて、心をつかんでいます。
「ひよこが怖がっている。」
とひよこの羽をなでながら、ある日、息子が言いました。
「どういうこと?」
「ひよこが休憩時間を怖がってる。他の子どもは理解していないから。」
これは、息子は世の中に必要な人間なんだと思った瞬間でした。
人それぞれにできることがあります。
息子には、鳥と会話ができる能力があるのだと言いました。
他の子どもを理解し、簡単に一緒に遊べる子どもがいます。
同じように、動物を理解し、簡単に一緒に遊べる子どもがいるのです。
どちらが正しいということはありません。
ただ違うだけです。
息子がひとりぼっちではないことがわかりました。
そして、息子は私に手を伸ばしてくれました。
また、私がスーパーヒーローに戻れたことがわかりました。
「輝く子ども」を迎えるためのクラスが終わって、私と夫は「良い親になるガイド」という冊子をもらいました。
ご褒美をあげるルール、たくさん褒めること、そして、それらを自然に行うためのヒントが書かれていました。
これらは確かに良いことではありました。
しかし、覚えているのはたった一つだけです。
「人は言葉がなくても話せます。
言語は、身振り手振りで伝わるのです。
全部の感覚を使って、聴きましょう。
ハートで子どもの声が聴こえたら、それが本当に聴いたということなのです。」
12年が経ちました。
息子は、あいかわらず、私とよりも鳥と話をしています。
ときどき、鳥との話が聞こえてきます。
そうたびたびではありませんが、私は息子の身振り手振りに注目をして聴きます。
息子のアンドリューの声をもっと聴きたいからです。
マントがなくても、私は本当に息子が大好きだからです。
(出典:ニュージーランドstuff)(画像:Pixabay)
ハートで子どもの声を聴けるようになりたいですね。
私も子どもが大好きなので。
発達障害の子どもの周りを理解し、伝えようと本を出したお父さんもいます。
発達障害の子の周りの世界を本で伝えたい

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。