発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

知的障害の息子に言葉を与えてくれたスター

time 2017/02/21

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
知的障害の息子に言葉を与えてくれたスター

読むこと、書くこと、話すことをブルース・スプリングスティーンの音楽を聞くことによって学んできた知的障害の少年がいます。
その少年は、自分の人生を変えたロックスターと感動の出会いを果たしました。
13歳のアダム・ブルーカーは知的障害があります。
視覚と話すことに問題をかかえています。

アダムは、英ブリスベンで開かれたブルース・スプリングスティーンのコンサートの舞台裏で、彼のアイドルと会うことができました。

アダムは、ブルース・スプリングスティーンに「 No Surrender」(負けるな)の歌詞を手書きしたものを渡しました。

まだ話すことが出来なかった4歳の時に、この曲を聞いて、アダムは変わっていったのです。

「アダムは、歌詞を手書きした紙をブルースに渡しました。
歌詞を書いてくれたことや、言葉を選びながら話すことに、ブルースはアダムに優しい言葉をかけてくれました。」

アダムの母親のジェイミーがそう言います。

「ブルースは本当に喜んでくれました。

アダムがブルースの曲で、書くことを学んでいるのを聞くと驚いていました。

そして、アダムにいっぱいのハグをしてくれました。」

知的障害の息子に言葉を与えてくれたスター b2-1-1024x768

母親のジェイミーは、この出会いはとても短いものだったと言います

しかし、ものすごく感動的なものだったといいます。

その後は、ステージのすぐそばで見えるように招待をされました。

ジェイミーは、ブルース・スプリングスティーンがいなかったら、息子のジェイミーが話すことはなかったと言います。

4歳の時には、アダムは話すことはありませんでした。うなり声をあげるだけでした。

しかしラジオで、ブルース・スプリングスティーンの「 No Surrender」がかかった時に、アダムはじっとして、聴いたといいます。

「こんなふうになったのは、これが初めてでした。」

それから、アダムはブルース・スプリングスティーンの曲のとりこになりました。

繰り返し、聴いていました。
コンサートのDVDも何度も観ました。

アダムは歌詞にあわせて、声を出すようになりました。聴こえた音に合わせて真似をするようになりました。

これまでの9年間、ブルース・スプリングスティーンの曲が家で毎日かかっていると、母親は語りました。

知的障害の息子に言葉を与えてくれたスター b1-1-1024x768

(出典:英MailOnline)(画像:Twitter)

良い方向へ変えてしまうほどの、大好きなことに出会えて、見つけられて、本当によかったです。

こういうものがあるのなら、見つけたい、出会えるようにしたいです。

そして、この親子にとってその存在である人にこんなふうに接してもらえたなら、本当に幸せだったと思います。

うれしく、うらやましくなりますね。

映画マトリックスで有名なあの方も支援を行っています。

エージェント・スミスが発達障害の方を支援する

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ