発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

ダンスが発達障害の子たちに自信もつける

time 2017/03/27

ダンスが発達障害の子たちに自信もつける

彼らはダンスフロアの他のみんなと同じです。

このダンススタジオでは、発達障害の子どもたちについてそう言います。
ルイビル・ダンス・アライアンスでは、その動作が子供たちに大きな自信を与えます。

ジョシュ・フォードがダンスの指導をしています。
生徒たちは、中学生、高校生の発達障害の子どもたちです。

発達障害は、社会スキルに困難をかかえます。
しかし、ダンスを通じて、生きることを学んでいきます。

ダンスが発達障害の子たちに自信もつける d6

「机で、椅子に座っている教室よりも、楽しい経験ができます。」と、中学1年生のサム・マッコイが言います。

これまでの研究によれば、ダンスは発達障害の人が、友だちを作ることや行動能力、運動能力を向上させるのに役立つことが示されています。

「もう、すごいと思いました。バランスをとり続けることができました。」
クリストファー・ウィエフブリンクが言います。

ダンスはシエラ・クロスに自信をつけました。

「みんなの前で、ダンスをしたいなんて思いませんでした。緊張しました。
しかし今は、みんなの前でダンスができる自信をつけました。」

ダンスが発達障害の子たちに自信もつける d3-1 ダンスが発達障害の子たちに自信もつける d4

ダンスの指導を行うフォードはこう言います。

「緊張するのは当然です。
それに立ち向かって、そして体を動かすことが、他の場面で役に立つのです。」

「みんなは、どんどん上手なダンサーになりました。
しかし、それは私がしたことではありません。みんなが自分でしたことなんです。
私は、ダンスの動き方を教えることはできますが、ダンスを踊るのはあなたです。私には躍らせることはできません。
がんばって、メモをとって、良くしてきたのです。」

ダンスが上手になっただけではありませんでした。みんなに自信がついてきたのです。

フォードは「少し見るだけでも、驚きます。」と言います。

これらの子供たちはすべてケンタッキー発達障害児訓練センターに通っています。
先生たちからは、このダンスクラスを開始してから、生徒たちの態度や運動能力が大きく変わってきたと言っています。

ダンスが発達障害の子たちに自信もつける d1-1 ダンスが発達障害の子たちに自信もつける d2-1

(出典・画像:米WDRV

楽しく体を動かして、たびたび人前に出て動く。

それは確かに自信がつくでしょう。発達障害の有無にかかわらず、だれにとってもそうだと思います。

こういう環境、先生、大事です。

バレエによる療育も始まっています。

ダンスは脳を広く活性化、バレエ療育も開始

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。