発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の息子の精神的な闘いはすごいもの

time 2017/06/18

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害の息子の精神的な闘いはすごいもの

ライターでもあり、山岳マラソンレースのチャンピオンでもあるハル・ウォーターは、発達障害の中学生の息子が走ることをサポートしています。

息子は疲れます。そして痛いと言うこともあります。

「息子は、私に教えてくれたことがあります。」

ウォーターは最新の著書“Endurance and Selected Essays on Neurodiversity and Deep Sport.”(ニューロダイバーシティとスポーツについて忍耐とエッセイ)で、これまでに経験したことを語っています。

私は、チームの中で走る息子に、息子の熱意を感じます。

クロスカントリーや決められたコースを走ることは、私がさせたものではありません。
無理に息子にスポーツをさせようとしたこともありません。

私は息子の練習を見るのが好きでしたが、私がつきそっている必要はありませんでした。
走れなくても別にかまいません。

うまくいかなかった時も、息子にまかせます。
すると、そうした時はいつも、息子は練習を続けると言いました。

自閉症スペクトラムとは、ひとつの決まった形の障害ではありません。
言語、運動、感覚、知性、社会的なスキルさまざまな特性を含んだ、範囲の広いものです。

発達障害の息子の精神的な闘いはすごいもの s2

息子のハリソンは、感覚に問題をかかえています。
また、行動についても問題がありますが、通常の学校に通っています。
いくつかの教科では良い成績ですが、困難をかかえる教科もあります。

ピアノもでき、みんなの前で歌うこともでき、マインクラフトが得意です。

運動機能や知覚処理にかかえる困難から、バスケットボールやサッカーのようなチームスポーツで、息子が活躍することは決してないでしょう。

しかし、走るような、簡単なもっと運動の基礎のような競技であれば、息子は活躍できるかもしれません。

そして、チームワークについても一部は理解することができます。
ゴールを決めて、そこに向かって一緒に走っていくのですから。

息子にとっては、この練習は、数学、社会、科学、その他の勉強よりも重要かもしれません。

コーチや仲間、私が一緒に走ると、息子の才能の見てとれます。
スポーツによって、重要な経験をし学ぶことができていました。

また息子がかかえる困難についてわかったことがあります。

息子が直面している精神的な闘いのほうが、肉体的な闘いよりもはるかに恐ろしくたいへんなことであるのがわかりました。

これからも、息子が見せてくれる勇気のそばに立ち会っていくこと、息子がこれからも活躍できるようにサポートしていくことを私は決意します。

(出典・画像:米COLORAD PUBLIC RADIO

うちの子どもも、私がわかっていない、気づけていない苦しみや嫌なことがあるのだろうと思います。

どうして騒いだり、大泣きしているのかその時はわからずに、後からわかって申し訳なくなることも、大きくなった今でもよくあります。

もっとわかるようになりたいとずっと思っています。

 

発達障害の子と視覚障害の父が補い合い走る

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ