発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子ども向け服を母が開発し販売

time 2017/06/23

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害の子ども向け服を母が開発し販売

英ベルファストに住む発達障害の女の子の母親が、介護をしてきた自分の経験を生かして発達障害の子や親を助ける感覚にやさしい服を作りました。

メタとジョン・オーディンの夫婦は、14年前に養子を迎えました。
その子、クリスティの元の母親はクリスティにかわいい服を着せても、ボロボロにしてしまうため悲しく悩むことが絶えませんでした。

メタは、発達障害であるクリスティが特定の材料やラベルに敏感であるためにそうしていることがわかりました。

「発達障害の子どもへのケアには、ずっと学ぶことが必要になります。
自閉症スペクトラムの子どもを十分にケアするためには、育児方法を変えたり、子どもに代わって必要とすることを理解しなければなりません。簡単なことではありません。」

そうメタは言います。

「私の娘の感覚の問題について理解しようとすることで、コミュニケーションができるようになってきました。
娘が好きなもの、好きな服、そしてストレスや苦痛を与えたものをまとめました。
それでも、それら娘の感覚の問題を引き起こす一部でしかありません。」

同じような問題をかかえている他の親たちと出会って、メタは自閉症スペクトラムの人のニーズに合わせた服を開発しようと決心しました。

そして、スペクトラ・センサリー・クロッシング社がスタートし、今年の7月から発達障害の子ども向けの学校のシャツ、ズボン、Tシャツを提供します。

Tシャツは、7歳から18歳までを対象にしたものです。
縫い目は服の外側にあります。首のところにはラインが設けてあります。
こうすることによって、着たときの感触をよくし、裏表を間違えずに着ることができます。

発達障害の子ども向け服を母が開発し販売 j2

12歳から18歳までを対象にした学校のシャツは、ラベルもえりもやわらかな綿100%でできています。
Tシャツのように頭からすっぽり着ることができます。
このシャツには大きなボタンと穴が3つついていますが、それはボタンの練習になるようについているだけです。

「学校のスボンでは、おなかのところは伸び縮みし、足の部分もやわらかく感じるようになっています。」

完全に縫い目がない、発達障害の子にやさしい靴下もあります。

発達障害の子ども向け服を母が開発し販売 f3-2

またメタは、娘のクリスティとの思い出から、クリスマスの衣装も作りたいと考えています。

「クリスマスの時期はクリスティにとって、とてもストレスがかかりました。
他の子どもたちは、トナカイやサンタが描かれた重いジャンパーなどを着ますが、クリスティにとってはこのような服は感覚にとてもつらいものでした。
そのために同じような格好ができないので、クリスティはますます孤立を感じることになりました。」

クリスティは今は16歳になりました。
スペクトラ・センサリー・クロッシング社を手伝うようになりました。

発達障害の子ども向け服を母が開発し販売 f4-2

母親のメタはこう語ります。

「梱包や発送の作業などで、発達障害の人たちを将来雇用したいと望んでいます。
決まった作業にすること、感覚に配慮を行う必要があることは、もちろんわかっています。」

(出典・画像:英THE IRISH NEWS

親だからこそ、よく知っていることがあります。

それを生かして、自分の子どもだけでなく、多くの子どもたち、そして他の親も助かることを始められました。

福祉作業所も、最初は親が立ち上げたものが少なくありませんでした。本当に尊敬と感謝です。

 

英マークス&スペンサーが売り出す学校の制服

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ