発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の人のストレスや不安の状況を目に見えるようにする技術

time 2018/06/13

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の人のストレスや不安の状況を目に見えるようにする技術

研究チームは、発達障害の人の生活を劇的に改善してくれると考える新しいバイオメトリクス技術製品をテストしています。
デイビッド・アダムソンは、17年間介護施設にいます。
初めて、バイオメトリクス技術を使うこのリストバンドを着けました。
t10 t6 t4
このリストバンドのセンサーは、発達障害の人が今どのような感情をもっているのかを教えてくれます。
発達障害者を支援している団体のロビン・ブッシュは、激しく動くなどの行動はコミュニケーションの一つの方法であり、ストレスや不安を示すものだと説明します。
「基本的には、発達障害の人たちの多くは、感覚の問題から、いつも絶え間なく激しい刺激を受け続けています。
今いる環境が、発達障害の人にどの程度影響を与えているのかを理解することができれば、発達障害の人がかかえる困難を少なくする避けることができるようになります。」
t11 t8
デイビッドの両親は、息子が何かがおかしいと気づいたとき、その時代にはよくあった誤解、親の怠慢のせいだと言われたそうです。
今は、このリストバンドで息子の生活の質が向上することに期待をしています。
母親のキムはこう言います。
「時間はかかると思いますが、道は開けていくはずです。
明日すぐに良くなることはないでしょう。
しかし、1年立てば息子の幸せに役にたっているかもしれません。」
このような技術は、発達障害の人の介護を行っている人が、よりよく発達障害の人を理解できるようになる希望となるものです。
t5
(出典・画像:欧州euronews
うちの子はお話することができません。
親であっても、正直何を考えているのかわからないことがほとんどです。
こちらが寂しく思う以上に、うちの子が伝えたいことを受け取れないことを申し訳なく思います。
こうした、心の内面を教えてくれるデバイスは本当に助かるものとなります。
発達障害の人を助ける会話の空気を読むAI装置

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「楽しそうだね、ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。