発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現

time 2019/07/13

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現

アメリカ、テキサス州の兄と発達障害の弟との関係は、まさに兄弟愛です。
兄のクリス・マーレーは自らの創意工夫と多くの人たちからの支援によって、弟をオートバイに乗せることを実現しました。
「弟のニックは私を愛してくれています。」
そう元海兵隊員のマレーは言います。
弟のニックは17歳の高校生。
アンジェルマン症候群、発達障害のために困難を抱えています。
ニックは自分で歩く、話す、食べることができません。
常に介護が必要です。
b13 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現 b12 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現
ニックにとってクリスは兄以上の存在です。
一緒にテレビを見ます。
ニックはコミックや子供向けの番組が大好きです。
そしてクリスとニックの兄弟は、新しい世界へ行くために、挑戦を始めました。
「これでニックも乗れるはずだよ。」
クリスは車椅子からニックを抱えあげ、サイドカーに乗せました。
b10 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現 b8 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現 b7-1 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現
クリスがバイクにサイドカーをつけようと思い立ったのは数ヶ月前でした。
それを知った人たちの反応は素晴らしいものだったといいます。
「ニックはみんなと変わりません。同じです。
私はずっとそう思っていました。
しかし、他の人はそうは思っていません。」
b4-1 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現 b9 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現 b5-1 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現 b3-1 発達障害の弟をもつ兄は新しい世界へ一緒に行くために挑戦し実現
クリスはクラウドファンディングで、サイドカーを実現する資金を得て、自ら作業してこのサイドカーを作ったのです。
コメントも寄せられています。
「私の子どもたちにも、欲しい!素晴らしい!」
(出典・画像:米NBCDFW
すばらしいお兄さんです。
もちろん弟さんも喜んでいるはずですが、それ以上にお兄さんが喜んでいると思います。
うちの子が笑っていると、私のほうが幸せになりますからね。
発達障害の5歳の子どもにした行為で少年グループを警察が探す

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。