発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所

time 2020/01/21

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所

元バスケットボール選手とアーティストが新しいアプローチで、精神疾患の治療と発達障害の自閉症の子の支援を行っています。
「私は言われたんです。
『君たちが世界を変えることはできない』
だから、絶対変えます」
そうこの Aurtismの共同設立者のケネス・ハリソンは言います。
Aurtismという名前はAutism(自閉症)とArt(芸術)を組み合わせたものです。
ここでは、自閉症の人たちへの支援サービスを提供しています。
a8 自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所 a4 自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所
ケネスは元バスケットボール選手です。
「私たちは、幸せを提供するための場所を作りたかったんです。
そしてAurtismのアイデアが浮かびました。
芸術によって、幸せになれるように支援を受けられる場所です」
ここAurtismは、通常の医療施設とは異なります。
光と色に満ちている場所です。
共同設立者のもう一人、カーゼイ・ヘイウッドはこう言います。
「私は単純に、カラフルで明るい、気分がよくなる場所を作りたかったんです」
a6 自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所 a1 自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所
a3 自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所 a2 自閉症の子どもたちが幸せになれるように支援を受けられる場所
ケネスはカーゼイは全くその通りにしたといいます。
「ここで目にするものはすべて彼が手作り、ペイントしたものです」
ケネスとカーゼイ、二人の若者は社会に恩返しをしたかったといいます。
別の場所にも開設しました。
二人はアメリカの主要都市すべてにAurtismの施設を作りたいと考えています。
(出典・画像:米WFLA
外や内を感じるままに好きに表現できるのは、とてもいいと思います。笑顔で取り組めていたらなおさらです。
見ているこちらもうれしくなります。そしてそれはかけがえのない作品にもなりますしね。
発達障害の人たちが無料の料理教室で社会性も学び自信もつける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。