発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

米国では増加傾向が続く、30人に1人の子どもが自閉症。研究

time 2022/07/11

この記事は約 2 分で読めます。

米国では増加傾向が続く、30人に1人の子どもが自閉症。研究

米国では、自閉症スペクトラムの子どもたちが増加傾向にあり、その数はますます増えています。

JAMA Pediatricsに掲載された新しい研究によれば、2017年から2020年の間に、米国の子どもと10代の若者たちの間で自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断される人が52パーセント増加していることがわかりました。

中国の広東薬科大学の公衆衛生研究者らによる新しい研究によれば、30人に1人の子どもがASDだと伝えています。
研究者たちは、米国疾病管理予防センター(CDC)が毎年行っているNational Health Interview Surveyのデータを調べました。
このデータによれば2014年以降、自閉症の診断の増加が徐々に上昇していることがわかりました。

2016年から2017年にかけてはわずかに減少しましたが、その後、再び増加傾向にあります。

2014年には、子どもと10代の子どもの2.24パーセントがASDと診断されました。
2020年には、その数値は3.49パーセントに増加しています。

blank

また、米国では女児よりも男児の方がASDと診断される確率が高く、男児の4.64パーセント、女児では1.56パーセントがASDと診断されています。

ASDの診断は簡単ではありません。
医師は、子どもの発達歴や行動歴を見て、ASDであるかどうかを判断する必要があります。
ASDに関連する症状や徴候には、アイコンタクトを避ける、感情の合図を誤解する、強迫的な行動や興味を示すなど、さまざまなものがあります。

この研究自体は、このような急増の潜在的な原因について推測していませんが、専門家は、この増加は、医療と一般社会の両方でASDを取り巻く認識が高まっていることに関連していると考えています。
診断ツールが充実し、症状が軽いケースも含まれるようになれば、診断される子どもたちが増えるのは当然のことです。

blank

CDCは、できるだけ早く診断することで、

「子どもたちが自分の可能性を最大限に発揮するために必要なサービスやサポートを受けることができるようになる」

とも述べています。
自分の子どもが自閉症かもしれないと疑っている親は、米国では早ければ生後18ヶ月で診断を受けることができます。

(出典:米Scary Mommy

増加が続いているのは、これまでは見過ごされてしまった人も、見過ごされなくなったから。

概ね、そうした見解が多くなされています。

必要とされる方には必要な支援がなされるように、診断が正しくなっていことは良いことです。

発達障害、自閉症の増加原因は遺伝や環境でなく認知と基準変更

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「生きててよかった、ねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。