発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人の「孤独」をなくし、結ぶ。ChatGPTへの期待

time 2023/06/30

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

自閉症の人の「孤独」をなくし、結ぶ。ChatGPTへの期待
  • ChatGPTを利用することで、自閉症スペクトラムの人たちはどのようにコミュニケーションスキルを向上させることができるのか?
  • ChatGPTが持つ特長や利点を活かして、自閉症の人がどのように日常的な会話や社会的交流を円滑に行うことができるのか?
  • ChatGPTを通じて得られる応答や支援は、自閉症の人たちのメンタルヘルスや社会的ニーズにどのような影響を与えるのか?

自閉症スペクトラムの多くの人にとって、コミュニケーションは重要な課題です。

そうした自閉症の人たちにとって味方となるのが、AI革命の最前線に立つ人工知能(AI)言語モデル「ChatGPT」です。
感情を表現し、有意義で生産的な会話に参加する手助けをすることで、ChatGPTがライフラインになっている自閉症の人たちも出てきました。

オープンAIが開発し、マイクロソフト社が資金提供したChatGPTは、人間のような応答を生成できる高度な言語モデルです。
文脈を理解し、人間の発話パターンを模倣した応答を構築します。
テキストベースのインターフェースを通じて、自閉症の人はChatGPTと会話をすることができます。
非判断的で忍耐強い対話をしてくれます。

ChatGPTは自閉症の人の特有のコミュニケーションスタイルやニーズに対応することができます。
ChatGPTは、言葉や社会的な交流において困難に直面している人たちに、エンパワーメントと自己表現を可能にしています。
ChatGPTのインターフェイスの使いやすさによって、非言語的な自閉症の人を含め、ほとんどの人にとって利用しやすく、チャットサービスを活用して様々なタスクを実行し、コミュニケーションパートナーとして機能することができます。

自閉症の人はしばしば、社会的な合図、非文字言語、感覚過多などの困難を経験しています。
伝統的なコミュニケーション方法には圧倒されることもあり、多くの自閉症の人が孤独と誤解を感じています。

また、会話中のボディーランゲージに苦労することも多くあり、会話に不満や誤解を感じることもあります。
それが、ChatGPTではテキストベースの入力を処理し、それに応答する能力を備えているため、より制御された予測可能な対話を実現してくれます。

ChatGPTはまた、従来のチャットボットと比べ、会話に台本が要りません。

認知行動療法の実践を用いた台本付きのセラピーツールは、従来のチャットボットで提供されてきました。
新型コロナの世界的な大流行の際には、人々がデジタル・コミュニケーションに目を向けたことからチャットボットは人気を博しました。
しかし、決められた応答はチャットボットの有用性を限ったものにしていました。

しかし、ChatGPTではその制限はありません。
自閉症の人にとって、個人対個人の会話では圧倒されかねない感覚刺激の管理を助ける、より広範なサービスを提供できます。
これにより、自閉症の人たちは、相手の反応や批判を恐れることなく快適にコミュニケーションをとることができるようになります。

ChatGPTでは、個々のユーザーのユニークなニーズや好みに合わせて応答が異なります。
ユーザーのコミュニケーション・スタイルに合わせて応答を変化させ、社会的相互作用の改善案を提供することができるのです。

自閉症の人たちは、このような相互作用を通じてコミュニケーションスキルを練習し、洗練させることができ、自信を獲得し、日常会話に参加する能力を向上させることができるはずです。

ChatGPTのような生成AIツールは、時間の経過とともに改善され、自閉症のような特定のニーズに対応する能力もより高めていくでしょう。
新しいセラピーや会話ツールは、AIを最大限に活用するはずです。
より多くのデータセットから抽出し、過去の会話をレビューして最適な応答を提供し、自閉症の人のコミュニケーションとエンパワメントを支援するデジタルコンパニオンとなるのです。

しかし、このようなAIの進歩があっても、自閉症の人たちには人間同士の交流から得られる感情的な反応は変わらず必要です。
メンタルヘルス治療が必要な場合は、やはり人間の専門家の助けを求めるべきです。

ChatGPTのようなチャットサービスは、自閉症の人のコミュニケーションを助けると同時に、必要に応じて外部のリソースを紹介することができるようになることを期待します。

(出典:米BENZINGA)(画像:Pixabay

ChatGPTと少しやりとりすれば、それはもう人を相手にしているように感じます。

「孤独」への助けになることも想像できます。

一方で、リアルな人間との関係も大事なので、結んでくれる存在にもなるといいですね。

発達障害などの人にChatGPT、AIができる5つのこと

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。