発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症は「悪い・治すべき」。偏見に対する神経多様性の重要性

time 2023/09/28

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自閉症は「悪い・治すべき」。偏見に対する神経多様性の重要性
  • 自閉症を「悪魔のような存在」と考えることに根拠はあるのか?
  • 自閉症の人々を「治す」と主張する疑似科学的な手法は効果があるのか?
  • 社会全体が神経多様性を理解し、受け入れるようになれば、自閉症の人々の生活にどのような影響があるのか?

10代を過ごすなかで、私は周りの人々の偏見に苦しみました。

「特定の興味に取りつかれ、目を合わせることができないし、社交的にもぎこちない」

私には何か「問題」があると言われました。
長い間、私はこれらの評価について我慢していました。
私は自分を誤りだと考えていました。
自尊心が向上するまで、単に人間の多様性の一部を表しているとは考えることができませんでした。

そんなふうに考えることができるようになっていなかったら、私は今日生きていたかどうか分かりません。

「神経多様性(ニューロダイバーシティ)」とは、自閉症スペクトラム障害が「障害」ではなく、むしろ言語の違いのようなものだという考え方です。
神経多様性の背後にあるコンセプトは、自閉症のある人を恥じたり、変えようとするのではなく、彼ら自身の神経学的な条件に基づいて受け入れるべきだというものです。

彼らの自閉症が彼ら自身や他の人に害を及ぼす場合には、それを彼らが快適であり、彼らの自立を尊重する方法でサポートすべきです。
そうでなければ、神経多様な人たちは自閉症のない人たちと同じ尊重を受けるべきです。

この考えは、私が10代だった頃から20年の間に急速に進歩しました。
主に科学的研究がそれを繰り返し支持しているためです。
しかし、それでも古い偏見はなかなか消えません。

米ミズーリ州リッチランドのビューラ教会の牧師リック・モローは、最近の説教で自閉症を「悪魔のような存在」と表現し、「祈りを使えば悪魔を追い出し、自閉症の人の脳を『再配線』できる」と主張しました。

「悪魔が彼らを攻撃したのか、彼らにこの病気をもたらしたのか、彼らを望む場所に連れてきたのか、
あるいは神が彼らをあまり好んでおらず、神が彼らをそのように造ったのかのいずれかだ」

そう、モローは言います。

「私の神はゴミを作ることはない。神は失敗作を作らない」

モローの主張は、控えめに言っても偏見で、科学的ではありません。

牧師のジョー・サラントも同じような存在です。
サラントは裕福なニュージャージーの家族から出身で、2015年に上院議員テッド・クルーズを支持するラップを作成したことで有名になりました。

サラントは自閉症を「治す」と主張する塩素ジオキシドの錠剤を販売しています。
これらの塩素ジオキシドの錠剤は通常、産業用クリーニングに使用されるものです。

サラントはこれを奇跡の鉱物溶液として宣伝しており、自閉症の「一般的な治療法」であると認めます。

一見してわかる問題は、モローとサラント、どちらも医学的に危険な疑似科学を宣伝していることです。

祈りや塩素ジオキシドの錠剤でそれを「治す」できると主張するのはばかげているでしょう。

しかし、より深刻な問題は、モローとサラントが自閉症の人たち全体に対して偏見を持ち、広めていることです。

自閉症による影響の度合いは幅広いものです。
「高機能」とされる人もいます。

モローとサラントは、自閉症を災厄であるかのように扱います。

これはワクチン反対派が、自閉症の人たちのことを「脳が壊れている」と表現することを動機づけているのと同じ態度です。
この態度は、自閉症の人たちが誤解され、いじめられ、非人間化されることにつながる原因です。

「神経多様性」の概念がもっと広く理解されていれば、こうした問題ははるかに起こりにくくなるはずです。

すべては神経多様な人の理解から始まります。
イギリス心理学協会は、神経多様な実行機能の問題を抱える生徒のために視覚的な時間割表から、自閉症の子どもたちに役立つと思われる教科書が手に入ることまでを、「成功するための包括的な教育」としています。

これには「過活動な子どものためのふんわりクッション、音に敏感な子供のためのノイズキャンセリングヘッドフォン、焦点を引き出すための刺激おもちゃ、自主学習時間を構造化するための卵型タイマー」なども含まれます。

適切な教育のために物理的な資源を提供することは重要です。
ですが、それが有効となるのは、それを使用すると決める大人たち次第です。
神経多様な子どもたちをユニークな個人として評価する教育システムを提供するだけでなく、大人たちにも、神経多様性を理解するトレーニングを供給しなければなりません。

大人たちが神経多様性を負担や災厄と考えるならば、たとえどれだけ卵型タイマーや視覚的なタイムテーブルを提供しても、自閉症の子どもたちを「誤り」として扱うことになります。

自閉症の子どもたちを誤解する大人たちと、自閉症の成人を雇用しないまたは頻繁に解雇する大人たちの違いはわずかです。

だからこそ、モローとサラントのような人々が私たちの社会に与える影響力を考えると、私は新しい世代の自閉症の若者の未来を心配します。

テンプル・グランディンのような神経多様性の支持者もいます。
彼女は自閉症の人々に自己実現を奨励し、自閉症に関連する苦しみが差別によるものであることを認識するよう促しています。

大麻のような薬物が、自閉症の人々が日常生活で困難を抱える「核心の症状」を和らげるのに役立つことが発見されています。
しかし、それは自閉症などでない人たちが、精神的健康の問題を助けるために、薬物を利用しているのと変わりません。

私は神を信じており、自分自身を誤りとは考えていません。
それどころか、神は私たちを多様に作った理由があると信じています。
私たちの進化を助け、謙虚さを保ち、豊かで魅力的な生命の織物を創り出すためです。

それを認識することは本当にそんなに難しいことなのでしょうか?
なぜこれらの人々は、異なる人たちをすぐに「悪い」と考えるのでしょうか?

(出典:米salon)(画像:Pixabay

「悪い」もの、「治す」もの。

本人ではなく、そう決めつける他人の存在から、問題が始まります。

「進化を助け、謙虚さを保ち、豊かで魅力的な生命の織物を創り出すため」

まったく私も賛同します。

一方で、日々困難に直面しているご本人であれば、そんな人類レベルの大きなこととしての片付けで済むことは、決してないとも認識します。

しかし、そうした他人の認識が変わる、社会が変わっていくことは、ご本人の苦労や問題をより減らすことにつながるはずです。

ディスレクシアの強み「探求」で人類が繁栄。英ケンブリッジ大

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。