発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の息子は今は得意を活かす仕事に。3つの重要な教訓

time 2023/12/02

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の息子は今は得意を活かす仕事に。3つの重要な教訓

私の自閉症の息子、AJの最初の仕事は食料品店でした。
息子にとって顧客との交流は難しく、その職は息子には適していませんでした。

その後、キャディの仕事にも挑戦しましたが、必要な注意力とスタミナが息子には厳しいものでした。
倉庫の仕事も試しましたが、大きな騒音と忙しい環境が息子には耐えられませんでした。

息子が就職活動をする中で、誤解や固定観念が原因で偏見に遭遇することもありました。
職場でのコミュニケーションの壁、社会的手がかりの理解、柔軟性のない職場の構造、伝統的な採用プロトコルに基づいた面接などが息子にとって困難でした。

しかし希望を失わずにいたところ、やがてAJは自閉症の若者向けにカスタマイズされたプログラムを提供する病院で仕事を見つけました。
そこでは息子の強みを評価し、基本的なコンピュータ作業やデータ入力が得意であることを発見しました。

blank

この経験を通じて、私は発達障害を持つ人が直面する挑戦と成果について深く理解しました。
私の話、そして自閉症の求職者であるAJの話は、特別なものではありません。

古い偏見や信念のために、自閉症を含む障害を持つ人は、米国ではわずか5分の1の人しか雇用されていません。
しかし、Accenture、American Association of People with Disabilities、Disability:INの研究によると、障害を持つ人たちを積極的に雇用する会社は、そうでない会社よりも優れたパフォーマンスを発揮しています。

データを詳しく見ると、多様な労働力を育むことで、サポートコストの削減、従業員の離職率の低下、顧客満足度の向上が見られます。
たとえば、米国労働省は、障害に対応する企業が従業員の定着率を90パーセント向上させたと報告しています。

Autism Speaksでは、マーケティング、コミュニケーション、サービス・サポート、科学などの部門で自閉症の従業員が活躍しています。
彼らの独自の洞察は、会社文化を豊かにし、協力と共感を促進しています。
また、自閉症コミュニティが雇用で直面する課題についての洞察も得ています。

私たちは次の3つの重要な教訓を学びました。
企業にはこれらを採用し、より包括的な労働力を構築することを勧めます

1.採用プロセスを変える
自閉症はコミュニケーションに影響を与えるため、伝統的な採用方法は神経多様性のある人にとってはとても難しくなります。
仕事探し、履歴書の作成、面接のスケジューリングから、組織化や時間管理の難しさまで、これらのステップは圧倒的になりがちです。
従来の面接のように自閉症の候補者が口頭で自分について説明する代わりに、彼らの仕事を見せてもらうようにする方法があります。

blank

blank

2.トレーニングを活用し、多様性を受け入れる
採用を超えて、自閉症の個人にとってサポート環境を提供するには、包括的なトレーニングプログラムを統合するために雇用主が主導する必要があります。
オンラインでも対面でも、トレーニングは雇用主に採用プロセスをよりアクセスしやすくする方法を教え、包括性と多様性を促進し、自閉症の従業員を力づけることができます。
仕事での挑戦をナビゲートするための自己主張とトレーニングも自閉症のスタッフを力づけることができます。

3.柔軟な職場環境を採用する
柔軟な勤務時間、個別に調整された作業スペース、可能であればリモートワークのオプションを提供することは、神経多様性のある従業員の快適さと生産性に大きな違いをもたらすことができます。

現在、私の息子AJはVentures ATLでリモートで働いています。
これは、自閉症やその他の発達障害を持つ適格な大人に意義のある持続可能な雇用の機会を提供することを使命とする非営利団体です。
息子は自分の役割に誇りと目的を見出しており、典型的なオフィス環境がなくても満足しています。

blank

この仕事を得ることにより、AJは今年初めに引っ越すことができました。
親としての独特な不安を抱えながらも、息子の自立への一歩を目の当たりにして誇りと安堵を感じました。
私たちは別れ際に見た、AJの自信に満ちた目がこれからの人生を物語っていました。

息子の自立、仕事の経験は、神経多様性コミュニティの潜在能力を象徴し、理解と包括性を推進し、職場での才能の育成方法を再定義するよう私たちに促すものです。

(出典:米Entrepreneur)(画像:たーとるうぃず)

できないことに注目するのではなく、できることに注目する。

そのために、従来の採用、面接方法を変える。

そんな企業が増えていってほしいと願います。

そういう取り組み、社風は発達障害をもつ人だけにメリットがあるだけでなく、社員みんなが誇れる、企業を強くすることにつながるはずです。

企業が進めるニューロダイバーシティ・神経多様性。将来への期待

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。