発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女の子の診断を妨げ自殺リスクを高める「マスキング」

time 2024/03/05

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

自閉症の女の子の診断を妨げ自殺リスクを高める「マスキング」
  • 1. マスキングは自閉症の人々にどのような影響を与える可能性があるのか?
  • 2. マスキングをしている自閉症の女性が診断されない可能性がある理由は何か?
  • 3. 自閉症の診断には社会的な欠如だけでなく、他に何が考慮される必要があるのか?

自閉症について知っている人なら、「マスキング」という言葉に馴染みがあるかもしれません。
ときに「社会的カモフラージュ」と呼ばれるこの言葉は、自分に降りかかる注目や害を避けるために自分自身の一部を意図的または無意識のうちに隠すことを指します。

これは、たとえば自閉症の人が他者の社会的行動を真似て、社会的期待に適合しているように見せかけるように機能します。
マスキングは、まわりへの素晴らしい適応のように見えるかもしれませんが、本物の自分でいることを妨げ、存在的および感情的な障害につながります。

自閉症のマスキングに関する最良の要約は、Hull et al(2020)による研究で示されています。

「この研究でのカモフラージュの動機には、他者との適合の願望、いじめや他の否定的な扱いを避けること、そして自分の本物の自己としては不可能だと感じた他者との繋がりを形成したいという願望が含まれていました。
カモフラージュ行動には、より社会的に受け入れられるペルソナを提示することによる自閉症的特徴のマスキングや、目の接触を強制するなど社会的表現の違いを補償することが含まれていました。
カモフラージュの結果としては、物理的および感情的な疲労が含まれ、しばしば自分を回復させるために一人での時間を必要としました。
また、アイデンティティと真実性に関する問題があり、一部の人は『本当の自分が誰なのかを見失った』と述べました…」

マスキングの危険性に関する素晴らしい要約は、Bradley et al.(2021)による研究で示されています。

「第一に、『カモフラージュの危険性』は、カモフラージュに費やした時間が疲労、孤立、精神的および身体的健康の悪化、自己と他者のアイデンティティと受け入れの喪失、他者の現実とは異なる認識と期待、および診断の遅延につながることを説明しました。

想像できますが、マスキングは自閉症の人たちの自殺念慮と関連しています。

2021年、South et al.の研究では、自閉症の人たちの自殺念慮と死亡率が他の人たちに比べて3倍高く、10歳から始まると報告しています。
さらに、Kolves et al(2021)の研究では、マスキングに長けていると思われる自閉症の女性における自殺念慮と自殺の率が、男性と比較してはるかに高いと報告しました。

これは、自閉症の女性がそのマスキングの習熟度のために、診断されないことと相関しているようです。

これまでの情報では、女の子が見られる人ごとに異なる状態で、または少なくともより微妙に見せるため、推定よりも、実際には少なく診断されていることが示されています。
これは、自閉症の女の子が定型発達の人たちの規範にカメレオンのように適応する驚異的な能力があるためかもしれません。
Hull et al(2020)などの研究者は、自閉症の女性は、一般的に自閉症の男性と異なる表現型を持っており、これが彼女たちを全体的により良く溶け込ませると考えています。

最新版の米国『精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-5 TR)』では、女の子がより微妙な表現のために診断が遅れることがあると指摘されています。
しばしば、目立つ繰り返しの動きはなく、固執する対象は部品や物の一部ではなく、一般的にもっと社会的に普通のものになりがちで、彼女たちは社会的な相互反応をより上手に見せることができます。

2014年には、自閉症における性別の誤表現の可能性についての懸念が急増しました。
報道から『アメリカ小児・青年精神医学アカデミー誌』の研究に至るまで、自閉症における性別不平等に関する議論が広がりました。

一貫して、女の子の自閉症を見落とす主な理由として挙げられたのは、診断基準の社会的欠如のコンポーネントにおける特異性、つまりマスキングでした。
基本的に、自閉症の女の子の社会的欠如は明らかなものではないかもしれません。

女の子はマスキングが上手であるために、それに気付かないことがあります。
言い換えれば、もし女の子が「社会的なぎこちなさ」を示さなければ、それは一般的な自閉症の典型的な症状であるために、自閉症と診断されない可能性があります。

女性向けのこれまでとは異なる自閉症の診断基準が確立されるまでは、現行の基準に注意を払い続けるなければなりませんが、症状はより微妙である可能性があることを念頭に置く必要があります。
男性でも女性でも、「社会的なぎこちなさ」は自閉症の人の全てにあてはまるとは限らないのです。

他を忘れて、社会的なぎこちなさをASDの主要な診断基準と考えがちです。
社会的欠如は要素の一つに過ぎず、現代の診断フレームワークの父、エミール・クレペリンが100年以上前に言ったように、「いかに特徴的であっても、単一の症状だけでは決して診断を正当化することはできない」(Spitzer et al., 2002)。

社会的欠如だけでなく、それとともに以下のいくつか、あるいは全てがASDと診断するには必要です。

  • スケジュールとルーチンへの固執と、通常のルーチンの欠如に対する低い耐性。
  • 繰り返し行われる見かけ上意味のない行動(スティミング)。これらは、揺れ動くことや髪をいじることなど、自己慰めの性質を持つことがあります。
  • 物事の部品や部分、あるいは特定の関心事への強い焦点。
  • 感覚統合の問題。
  • 発達遅延。
  • 一部の知能欠如と言語能力の不足。
  • 動けなくなったり、とても異常な姿勢を長時間維持したりする状態。

例えば、Lundin et al.(2020)のような研究者によると、ASDを持つ女の子はより社会的になろうとします。
そのため、外部の観察者には、彼女たちが友人たちに密着し、友人たちの中を話しながら動き回ることで、同年代の人々との肯定的な相互作用をしているように見えるかもしれません。
しかし、より詳細に観察すると、友人たちとの活動における顕著な欠如が認められます(例:Gould, 2017)。

興味深いことに、Morris et al.(2017)の研究者は、さらに詳細な検討を行った結果、注目すべき言語学的な「違い」が存在することを指摘しました。

他の子どもたちに比べてASDを持つ女の子たちは、話し手がより自信を持って話していると解釈される詰まり言葉「UM」(え〜っと)を、不確実性を示す「UH」(あ〜)よりも相対的に多く使っていました。
それが「言語的カモフラージュ」として機能しています。

これは、自閉症の男の子とも異なります。
女の子は適応しようとする努力がより一層強く、そのため繰り返し行動に対する欲求を抑制しようとしますが、男の子はもしかすると自然と活動的であるため、これらの行動を抑えることが難しいです。

また、女の子が注目する対象は、通常の仲間が楽しむもの(例えば、ポピュラーカルチャーの話題など)であることが多くなっています(例:Bourson & Prevost, 2022)。
一方、男の子はコインや、その年齢にはあまりに専門的すぎる恐竜の生活習慣のような、よりマイナーなものに焦点を当てる傾向があります。

これら全てを考慮すると、自閉症と自殺の高い相関、特に女の子において、マスキングの可能性に注意を払うことが不幸を防ぐ鍵となります。

(出典:米Psychology Today)(画像:たーとるうぃず)

【電話やチャットで気軽に相談できる窓口があります。悩みや不安を感じたら】
厚生労働省 相談先一覧ページ

自分の心身を壊してしまうほどのマスキングをしなくてよい、環境で過ごせるようになることを心から願います。

自閉症の人だけでなくADHDの人もカモフラージュする。研究

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。