発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子と自分の子が交流できるように親ができるサポート

time 2024/05/13

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

自閉症の子と自分の子が交流できるように親ができるサポート

多くの子どもたちが、学校に通っている間に自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された子どもに出会うことがあります。
それが自覚されているかどうかに関わらずです。

専門家によると、米国では障害を持つ子どもの約95%が通常の学校に通っています。
米ロサンゼルスのチルドレンズホスピタルの小児神経科医であるタリン・リュー医師はこう述べています。

「自閉症の診断率と我々の識別能力を考えると、ほとんどの子どもたちは学齢期に自閉症の子どもと出会うことになるでしょう」

そのため、親は自閉症の子どもたちとの交流をサポートする準備をしておくべきです。
自閉症の子どもたちはしばしば異なる特性を示し、それが原因で他の子どもたちが戸惑ったり不快に感じたりすることがあります。

「その違いは明らかな場合もあれば、そうでない場合もあります。
しかし、自閉症でない子どもが自閉症の子と友達になるとき、それは互いに異なる存在の仕方があることを理解するのに役立ちます。
親はその違いをナビゲートし、意義深い関係を築く手助けができます」

親はまず、自閉症について子どもに説明することから始めることができます。
伝えるべき基本的な情報には以下のようなものがあります:

  • 自閉症は脳の働きに影響を与える状態です。
  • 他人とのコミュニケーションや交流の仕方に違いが生じます。
  • 自閉症は人によって異なり、自閉症である二人の人が全く同じ行動をすることはありません。
  • 自閉症は生まれつきのもので、感染症や病気ではありません。

「自閉症のある人は他人の感情や表情、冗談を理解するのが難しいかもしれませんが、自閉症の子どもたちは友達を作ることが好きです。
ただ、友達を作る方法が異なる場合があります」

自閉症の子どもとの友情を築く準備として、親は学齢になる前に以下のようなステップを踏むことができます。

  • 違いを普通のこととして受け入れる。みんなが異なり、それぞれ独自の強み、弱み、行動、習慣を持っているという考えを強調します。
  • すべてのコミュニケーション形式について教えることが大切です。言葉は人々がコミュニケーションを取るための一つの方法に過ぎません。
    ジェスチャー、目の接触、表情、身体的なアクションも感情を表現する手段として使われます。
    自閉症のある人々はこれらのコミュニケーション形式で苦労することがあります。

もし自閉症のクラスメイトがいる場合、友情を提供し、その友達の反応を理解するためのアドバイスをさらに共有できます:

  1. 友好的に接する
    他の子どもと同じように、自閉症の子どもにも話しかけたり、遊びに誘ったりします。
    すべての子が反応するわけではありませんが、友好的であることは彼らが歓迎されていると感じるのに役立ちます。
  2. 期待を限定する
    自閉症の人は異なる方法でコミュニケーションを取りますが、それが傷つく原因となることがあります。
    彼らは立ち去るかもしれないし、無礼なことを言うかもしれませんし、非常に恥ずかしがり屋になるかもしれないし、目をそらすかもしれません。
    これらの行動を感情的に受け取らないようにしてください。
    彼らはおそらくこれらの行動が他人にどのような感じを与えるかを理解していないからです。
  3. 友達にあなたの感じていることを伝える
    自閉症の子どもも友達を気にかけています。
    もし彼らがあなたの気持ちを知らず知らずのうちに傷つけてしまった場合、落ち着いて優しくそれを伝えるべきです。
    もし彼らがあなたを続けて悩ませる場合は、他の場所で遊んだり、先生に話したりしても大丈夫です。
  4. 共通点を探す
    子どもは最初に違いばかりを見るかもしれませんが、よく見るとクラスメイトと共通の点を見つけることができるかもしれません。
  5. 友達と一緒に遊ぶのではなく、友達のそばで遊ぶことを検討する
    自閉症の子どもの中には、他の人と直接一緒に遊ぶよりも、他の人の近くで遊ぶ方が楽な子もいます。
    彼らは交互に行動を要求する活動に参加することを望まないかもしれません。

「あなたの子どもが持つすべての友情は何かをもたらします」とリュー医師は言います。
子どもにとって最良の行動は、友達がどのように反応するかを期待せずに、親切であり理解しようとすることです。

長く続く友情には、遊びの約束、誕生日パーティー、お泊り会、その他学校外での集まりが含まれることがあります。
親は以下のようにしてこれらをうまく進める手助けができます:

  • 友達が快適と感じることや好きなことに基づいて事前に計画を立てる。
  • 子どもにその友達が時には一人でいる時間やスペースが必要かもしれないと伝える。
  • 友達が何をしたいか、何を食べたいかを聞く。もし子どもが言葉を話すことが難しければ、事前にその親に聞く。

リュー医師はこう言います。

「自閉症の子どもの親は通常、自分の子どもの素晴らしい点や難しい点について話すのを楽しんでいます。
あなたの子どもを理解していると接するよりも、質問する方が良いです」

(出典:米HealthDay)(画像:たーとるうぃず)

話すことが意思表示も難しい、重度自閉症の子をもつ親としては、そんな気持ちだけで本当にうれしいです。

そんな方にはうちの子も笑顔になるはずです。

しかし、無理はされないでください。お互いのために。

自閉症の子を持つ家庭への理解と支援。友人としてできること

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。