発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症でADHDのちびっ子警官がパトロール。地域の安全を守る

time 2024/05/24

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自閉症でADHDのちびっ子警官がパトロール。地域の安全を守る
  • どうして自閉症の子どもが警官の格好をしてパトロールし、地域の安全を守りたがるのか?
  • 警察官になった子どもの行動が、なぜ良い方向に変わるのか?
  • 自閉症の子どもが道路監視や安全確保を行う際、家族はどのようなサポートをしているのか?

警察が大好きな自閉症の子が警官の格好をしてパトロールし、地域の安全を守っています。

動画には、警察の制服を着て帽子をかぶった6歳のフィンリー・ボレンが、通りをパトロールして安全を保つ様子が映っています。
フィンリーは自閉症、ADHD、感覚処理障害を持っています。

フィンリーが職務を遂行しているときには、敬礼されることもあります。
母親のエマは、警官になることが彼の行動を良い方向に変えたと語ります。

「車は息子を見ればスピードを落とします。
そして、クラクションで挨拶されて、敬礼して手を振られます。
息子はどこへ行っても安全を見守りたがり、道路を監視するのが大好きです」

フィンリーの警察への情熱は約1年前に始まり、道路の障害物や標識、道路安全や警察の職務に強い関心を持つようになりました。
そして先月から、フィンリーは趣味を行動に変えることを決心しました。
自分の住む通りだけでなく、地元の駅や他の安全が必要な場所でも、フィンリーはパトロールを行っています。

フィンリーが職務を遂行している間は、母親のエマは隣に座ることが許されません。

「私も、息子がそうしているのが大好きです。
なので、一緒に座りたいのです。

ですが、息子は自分が正式な警官でないとは思われたくないので、隣に私が座るのを嫌がります。

でも、母親として6歳の子どもが道路に座って交通整理をしているのをただ見ているわけにはいきません。
いつもそばに、しかたないので、立って見守っています」

(出典・画像:英The Scarborough News

これはこれは、かっこいいかわいい警察官です。

親子で楽しく安全に、職務を遂行していただきたいと思います。

ニュージーランド警察は金融犯罪対策のため自閉症の人たちを募集

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。