発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症と愛情表現。自閉症の人が独特な方法で伝える心の温もり

time 2024/07/09

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

自閉症と愛情表現。自閉症の人が独特な方法で伝える心の温もり

リリーはお気に入りのテレビ番組を見ながらソファに座っていました。
そのとき、5歳の自閉症を持つ息子ジョナスが、彼のベッドから毛布を持ってきて、リリーのひざにそっと置きました。
そしてもう一枚。そしてさらにもう一枚。
リリーはすぐに、これがジョナスの愛情表現の方法だと気づきました。
そして、自閉症と愛情表現の関連について考えをめぐらせました。

自閉症のある人々はしばしば、愛情を表現を独自の方法で行っています。

自閉症のある人は、普通の人には難しくないことで苦労することがあります。
これは両方の人にとって混乱を招く問題となることがあります。
自閉症のある人は、一人一人異なるため、愛情を適切に伝える能力に影響を与える要因もさまざまです。
社会的スキルについて、自閉症の人たちは以下の理由から社会的状況や人間関係で苦労することがあります。

  • 目を見て話すことや、目を合わせて維持することに苦労する
  • 特定の興味のある話題以外の話題に興味を持たず、雑談が苦手
  • 自分にとって無意味または退屈だと感じる活動を避けたがるが、それが他人にとっては非常に重要
  • 身体的接触を好まない
  • 大きな感情を健康的に扱う能力がない
  • 具体的に考え、決まったルーティンから逸脱して自発的に行動することを好まない
  • 他人を自分の個人的な空間に入れることや、自分の特別な持ち物や作品との交流を困難と感じる
  • 自分のニーズを表現するのが難しい
  • ボディランゲージを誤解する
  • 他人の、空間、秩序、好みに対する個人的な境界を誤解する

これらの問題は、理解がなければ問題となります。

相手の目を見て愛情を表現することが愛の表現だと思っている人にとって、それが苦手な自閉症のパートナーは愛していないと誤解されがちです。
しかし、理解があれば、それが個人的な問題でないことを知り、他の方法で愛情を示しているのを認識することができます。

「自閉症と成人の性教育:文献レビュー」という研究では、情報・動機・行動スキルの枠組みを使用して、

「現在、文献によると、自閉症スペクトラムの大人は、自閉症でない同世代の人々とは異なる情報源から性やロマンチックな関係についての知識を得ていることが示されています。
自閉症スペクトラムの大人は、性感染症、避妊、性行動について社会的な情報源から学ぶことが少ない」

と伝えています。
これは、親やケアギバーが性に関する話題について話すことに圧倒されたり、不安になったり、無知であるためかもしれません。
また、自閉症の子どもたちの社会的交流が限られているため、友人や性教育の授業から性について学ぶ機会を逃している可能性もあります。

この研究ではさらに、

「自閉症スペクトラムの人々がロマンチックな関係や性に積極的に関与したいという動機があるにも関わらず、他人の意図を表現したり解釈したりすることに苦労していることが、自閉症の特徴と一致していることが示されています」

と述べています。

他人の意図を解釈する能力が不足していると、悪意を持つ人々から狙われる危険があります。社会的な手がかりは、多くの加害者が他人を操るために使う手法において重要な役割を果たします。子どもが体言語の微妙な違いや個人的な境界を理解していない場合、または言葉でのコミュニケーションが苦手な場合、彼らは加害者の標的になりやすくなります。
一方で、他人の親切を愛情と誤解すると、社会的境界を越えてしまい、それが傷つける結果につながることもあります。

社会的スキルは教えることができます。
子どもに社会的手がかりを識別するよう教え、コミュニケーションを促し、性についての話を避けたくなるかもしれないが、そのような話をして子どもを守ることが重要です。

自閉症を持つ人たちは、他人の感情的なニーズを察知できる場合があります。
これは、外からは見えないニーズであっても、彼ら独自の方法で何かを行うことによって愛情を示すことができます。
自閉症の人が愛情を示す方法は以下のようなものがあります。

  • 特別な興味を共有する
  • 自分の空間に誰かを受け入れる
  • 代替的なコミュニケーション手段を使用する
  • プレゼントを贈る
  • 触れずに近くにいる

自閉症のある人々は物事を異なる視点で見ることが多いです。
これにより、多くの人が見過ごしてしまうことを感じ取り、理解し、価値を見いだす能力を持つことがあります。
自閉症のある人たちと彼らを愛する人々にとっての解決策は複雑で、多様な形を取ります。
ここでいくつかの解決策について考えてみましょう。

尊重とサポート。
社会的スキルを教わっていない自閉症の人、度重なる境界侵害を経験した人、必要なサポートを受けていない人は、サポートを受けている人よりも苦労します。
彼らは健康的でない、または自分にとって最善でない対処スキルを身につけるかもしれません。

身体的接触に関してニーズが尊重され、満たされている子供は報われる経験をします。
成長するにつれて、他人に適切に触れることを許可し、自分にとって快適な方法で触れることができるようになります。
これは、ロマンチックな関係での身体的接触への入り口となります。

対照的に、ハグや他の身体的な愛情表現を強制された子供は、すべての身体的接触が不快だと感じるかもしれません。
その子供は成長して、何が自分にとって快適かを知り、他人に伝える能力を欠いてしまうかもしれません。
これにより、他人と身体的につながる機会を逃す可能性があります。

友達か敵か?
自閉症の子供たちに友情について教えることは重要です。
同様に、すべての人と友達になる必要はないと教えることも大切です。
彼らは生涯にわたり様々な人々と交流しますが、その中には親切な人ばかりではありません。

これは自閉症の子供たちにとって困難なことです。
彼らは物事を非常に文字通りに受け取るため、間違った人々と交流したり、恐怖から交流を拒否したりすることがあります。
偽りの友情を見抜く方法を学ぶ手助けをするのが私たちの役目です。

交流のルール。
子供たちに交流のルールについて教えることは有益です。これには以下のことが含まれます:

  • 他人との境界を設定する
  • 他人の境界を尊重する
  • 軽い冗談といじめの違いを知る
  • 会話を始める方法や、会話に参加する方法
  • 他人とのトラブルについて解決の助けを求める方法

これらは友情を築くのに役立ち、将来の関係でのスキルを育てます。
友達に自分の愛情表現の方法を理解してもらうことも大きな助けになります。

もし自閉症の子供の友達がハグは苦手だけれども、プレゼントを渡したり一緒に遊ぶことが好きなら、境界を守りながら愛されていると感じることができます。
特別な興味も、潜在的な友情を見つける素晴らしい方法です。

理解することが鍵です。
もし愛する人が背中をさすることや手をつなぐこと、抱きしめ合うことが好きでなければ、代わりにきついハグや重みのある毛布、肯定的な言葉を使うことも選択肢となります。

大切なのは、彼らが好むことを知り、それを行い、好まないことを知り、それを避けることです。
また、お互いにとって機能する相互の身体的な愛情を示すための妥協点を見つけるために協力し合うことも重要です。

自閉症の人たちが恋愛を経験できないというのはよくある誤解です。
自閉症の人々は愛を深く感じ、愛される大きな能力を持っています。
ロマンチックな関係での成功は、自閉症でない人たちと変わらない要素にもとづきます。

自閉症のパートナーは、自閉症でないパートナーよりも多くのことを深く理解しています。
彼らは特定の社会的側面を見逃したり、相手にとって重要なことを重要でないと感じることもあるかもしれませんが、重要な記念日やデートを決して忘れず、ロマンチックなディナーに遅れることがなく、驚くべき方法で愛情を表現する方法を見つけることもできます。

関係における親密さは、思考や感情の相互表現、信頼、約束を通じて構築されます。
自閉症の人たちが親密な関係を持つことができます。
なので、持てるかどうかというのは問題ではありません。
自閉症のパートナーの視点やスタイルから愛情を受け入れ、伝えることができるかどうかが問題です。

自閉症の人たちとの親密な、愛情深い関係は可能です。

自閉症のパートナーとのロマンチックな愛は、そうでない人と同じく変わりません。
それには練習と共感、聞く意欲と学ぶ意欲、成功するための決意が必要です。
これはすべてのロマンチックな関係においても同様です。

自閉症の人は数え切れないほど美しい方法で愛情を表現します。
感覚的な体験から真実の自己表現に至るまで、スペクトラム上の個人は、従来の境界を超えた愛の深い底を示してくれます。
この愛を理解することは私たちの生活を豊かにし、人間関係の真の多様性を受け入れるために私たちをより近づけるものとなります。

(出典:米Autism Parenting Magazine)(画像:たーとるうぃず)

「すべての人と友達になる必要はない」

大人になれば当たり前のことですが、自閉症の子に限らず、今は学校で伝えているでしょうか?

私が小学校に入学した頃は、「友達100人作ろうよ」なんて歌が流れていたものでした。

子供ながらに、100人を達成することを目標に形ばかりの関係を作ったら、それは友達ではないだろう、と思ったものです。

しかし子供なので、学校で流れる歌が言うことが正しいのだろうと誤ったプレッシャーになっていたと思います。

本当の友達なんて、人生において一人でもいればたいしたものです。

自閉症と診断されたパートナーに寄り添うための6つのヒント

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。