発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年にとって、ドラムが自分自身を表現する方法だった

time 2018/02/25

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年にとって、ドラムが自分自身を表現する方法だった

音楽が与えてくれることは、人ぞれぞれですが、ある少年にとっては自分を表現する方法となっています。
ウィリアム・ジェニングスは、立ち上がる前にはもう演奏をしていました。
生後18ヶ月で、ドラムセットを贈られていました。
ウィリアムの母親のジョイはこう言います。
「子どもがカップとスプーンで叩くのを見たことがあると思います。
ウィリアムは、ずっと幼いときからドラムを叩いていました。」
d2-1 発達障害の少年にとって、ドラムが自分自身を表現する方法だった d7-2 発達障害の少年にとって、ドラムが自分自身を表現する方法だった
発達障害のウィリアムにとって、ドラムは自分自身を表現する方法でした。
「最初は、音楽が好きだったんです。
音楽を気にいって、息子もうれしくなっていました。
しかし、そのうちにそれ以上の存在になったんです。」
隠れていた才能が明らかになりました。全ての人たちを驚かせました。
ウィリアムは、ドラムの後ろに自分の居場所を見つけました。
「すごく楽しいです。」
そうウィリアムは言います。
d5-2 発達障害の少年にとって、ドラムが自分自身を表現する方法だった d6-2 発達障害の少年にとって、ドラムが自分自身を表現する方法だった
ウィリアムの先生は、グラミー賞を受賞したドラマーのイワン・ハンプトン・ジュニアです。
「ウィルは、まだ子どもなのにとても才能があるミュージシャンです。
私たちからたくさんのことも学んでいます。」
そうハンプトンは言います。
ウィリアムの父親のジョージは、こう言います。
「息子は、音楽を奏でられるところでは、音楽を使って、音楽を使いこなして、コミュニケーションができるんです。」
ステージでの経験を積むに連れて、ウィリアムは変わってきました。
「ぎこちなさがどんどんなくなって、自信に満ちているようになりました。」
両親は、ウィリアムが音楽のキャリアを積んでいくことを願っています。
(出典・画像:米WRAL
発達障害の方がもつ「こだわり」が大きなメリットになっているのでしょう。
すでにステージでの経験もありますし、これからますます大きくなっていかれるのでしょうね。
チープ・トリックのロックミュージック療育

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。