発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年が親から勧められ始めたトライアスロンを遂に完走

time 2018/02/28

この記事は約 4 分で読めます。

発達障害の青年が親から勧められ始めたトライアスロンを遂に完走

ジェイク・バッキーは、ほとんど言葉を話すことはありません。
しかし、スポーツについてはとても自信をもっています。
18歳のジェイクは昨年、トライアスロンを完走しました。
今年はさらに上を目指しています。
両親のジュリーとジェームズは、息子が達成したことを心から喜んでいます。
それは、ジェイクが発達障害だからです。
ジェイクは、ほとんど話すこともありません。常に不安もかかえています。
しかし、1年の間がんばってここまで来たのです。
「息子は、信じられないほど頑張りました。
そして、もともと持っていたエネルギーが、後戻りをさせません。」
そう父親は言います。
t3-2 発達障害の青年が親から勧められ始めたトライアスロンを遂に完走
息子のあり余ったエネルギーを発散させようと、両親は自分たちが好きだったトライアスロンを進めたのが始まりでした。
42歳の母親のジュリーは10年以上に渡ってトライアスロンに参加してきました。
約6年前から、43歳の父親のジェームズも一緒に参加しています。
夫婦で、これまでに数十のトライアスロンを完走してきました。
重度の発達障害の二人の息子に、トライアスロンで勝つようにトレーニングを行うことはとても難しいことですが、同世代の子たちに負けてはいません。
長男の21歳のクリスチャンも、全く話すことはありません。
2歳のときに発達障害と診断をされました。
弟のジェイクは3歳のときに発達障害と診断をされました。
数年前、夫婦はジェイクが興味をもつか試したくて、いくつかのマラソン大会に参加してみました。
「最初は、5kmをジェイクが走れるか試しに参加してみました。
しかし、簡単ではありませんでした。
たびたびコースから外れて、動かなくなり、走りませんでした。」
t2-2 発達障害の青年が親から勧められ始めたトライアスロンを遂に完走 t4-2 発達障害の青年が親から勧められ始めたトライアスロンを遂に完走
特別支援教育を受けているジェイクは、療育の一つとしてプールを楽しんでいました。
そして、昨年からはYMCAの教室にも参加して泳ぐようになりました。
今は、両親と変わらないほどの速さで泳ぎます。
そして、昨年の夏からはトライアスロンのクラブ、3ディシプリン・レーシングにも入りました。
このクラブは、脳性麻痺の娘をもつ父親のリックが経営しています。
「数年前にリックと会話をしたことで、友情と信頼が芽生えました。
自分たちでクラブを作るよりも、リックのところに入れようと思ったんです。
リックと私の夫のジェームズの二人の父親の結束は、
子どもたちと一緒に取組む喜びから、生まれています。」
そうジェイクの母親のジュリーは言います。
ジェイクの両親は、はじめにトライアスロンの主催者にジェイクは参加することができるかをたずねました。
「受け入れてくれたんです。
ジェイコブが、予測していなかった行動をとる可能性があるにもかかわらないのに。」
最初は、父親は心配をしていました。
レースが行えるかというまえに、息子の安全が心配だったためです。
「プールではないところで、息子が泳げるかとても不安でした。」
出場するトライアスロンの競技会では、二人が一組になって、250メートルを泳ぎ、約10kmを自転車で走り、1.6kmを走ります。
ジェイクは父親と一緒に泳ぎ、走ります。自転車は二人乗り用のものを使用します。
「息子は、大好きになりました。
とても興奮して、一緒になって走ります。」
そう父親は言います。
t5-2 発達障害の青年が親から勧められ始めたトライアスロンを遂に完走
今年の大会では、ジェイク親子はこの大会の大使役になっています。
能力にかかわらず、誰もがたくさんの人たちがトライアスロンに参加できることを伝えます。
ジェイクは発達障害であるだけでなく、母親と同様に1型糖尿病です。
母親のジュリーはこう言います。
「息子は血糖値が低いときでも、口で伝えることはありません。
心配はありますが、これまでのトライアスロンへの参加には影響はありませんでした。
私たちは1型糖尿病、そして発達障害をともに生きています。
みんな、それぞれ異なる闘いをしているはずです。
私たち夫婦の目標は、他の親たちの応援になることです。」
(出典・画像:米THE MONROE NEWS
親子で、家族みんなで、一緒にできることがあると最高ですよね。
特別支援学校へのバスの時間に遅れそうになってしまって、久しぶりにうちの子と家からダッシュしました。
昔だったら、こんなに長い距離だったら嫌がったはずですが、にこにこ笑いながら手を繋いでずっと走ってくれました。
慌てた時間でしたが、とても楽しい時間でした。
発達障害の子と視覚障害の父が補い合い走る

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。