発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

摂食障害をかかえる自閉症の子と母へすばらしい対応をした企業

time 2021/03/11

この記事は約 3 分で読めます。

摂食障害をかかえる自閉症の子と母へすばらしい対応をした企業

カナダに住むジェナ・ローマンは先月、10歳の息子のジェリコの「ワッフル」のために、クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げました。

そこには、ジェリコが自閉症であること。
そして、極端な口腔嫌悪と摂食障害をかかえていて、「生後8ヶ月のときから食べることに苦労した」ことが書かれています。

そして、ジェリコは最近病気になってから退行し、12日間も食べないことがあったと母親のジェナは言います。

ジェリコが食べることのできるワッフルは、新型コロナウィルス感染拡大の中、生産が難しくなり入手できなくなりました。
母親のジェナは、他社のさまざまなワッフルも試しました。
唯一食べることができたのは、カナダの会社ネイチャーズパスのワッフルだけでした。

しかし、ネイチャーズパスのワッフルも生産が中止されることになり、ジェナは絶望しました。
そこで売り切れてしまう前に、大量に購入し冷凍保存するための冷蔵庫を手に入れるためにクラウドファンディングに頼ったのです。

しかし、ジェリコのワッフルの問題の深刻さは理解されなかったと母親のジェナは言います。

そしてジェナは、ネイチャーズパスに連絡をとりました。
ネイチャーズパスはまずアメリカにあるワッフルの在庫をカナダのジェナに送りました。

「私は、この時点で本当に感謝をしました」

そして、今後のことを考えて自宅で同じワッフルを作ることができないか、ネイチャーズパスに相談してみました。

「在庫がなくなったときに、私が同じものを作れるようになればと思いました。必要でした」

その後のことが、クラウドファンディングのプロジェクトのページに掲載されています。

ジェナから相談を受け、ジェリコを助けたいと考えたネイチャーズパスは、冷蔵庫を2つ追加しなければならないほどのワッフルを送ることを約束しました。
そして、家でネイチャーズパスのワッフルが作れるレシピを作り、ジェナに提供したのです。

w2 摂食障害をかかえる自閉症の子と母へすばらしい対応をした企業

ネイチャーズパスのコミュニケーションディレクターのサマンサ・フォークはこうツイートしました。

「私たちのすばらしい研究開発チームが、家庭向けのレシピを作ったのです」

通常のスーパーでは入手できない材料があったりするため、研究開発チームは家庭で作れるように約1ヶ月を費やして、家庭用レシピを作りました。

「全く同じ味と食感を再現する必要がありました」

今後もさらに微調整したレシピをジェナに送りたいとネイチャーズパスは取り組んでいます。

(出典・画像:カナダCBS

一人の子ども、一人の親に対して、すばらしい対応をされた企業です。

だからこそ、こうして世界中にすばらしさが知られる結果になりましたね。

高機能自閉症の女の子のAmazonプライム

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「べちゃべちゃねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。