発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」

time 2021/12/10

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」

微細な彫刻を作ることで有名なアーティストが、自閉症であることが自分の成功につながっていると語りました。

64歳のウィラード・ウィガンは、50歳の時に自閉症と診断されました。

しかしずっと前から母親は自分が学校で苦労していることを知っていて「小さな作品」を作るように励ましてくれたと信じています。

m9 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」 m2-1 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」 m1-1 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」

ウィガンは、ある学校でモチベーションを高めるための講演を行いました。
そこで、自閉症であることは恵みだと表現しました。

ウィガンは幼い頃、自分には何か問題があるのではないかと自問していました。

「母はいつも
『ごみ箱の中にダイヤモンドがある』
と言っていました。

つまり、人々はごみ箱にダイヤモンドを投げ入れても、ふたを取ってダイヤモンドを投げ入れたことに気づくまで、何が入っているのかわからないということです」

m4 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」 m6 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」 m8 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」 m3 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」 m7 自閉症の作家は言う。「ごみ箱の中にダイヤモンドがある」

幼いころは自閉症の症状から、反復的な行動をとっていたとウィガンは言います。

「1日に17時間、夜までずっとそうしていると、気が狂いそうになりました」

小さな彫刻を作ろうとしました。
そのために、自分自身を静める訓練をし、呼吸を遅くし、背景の振動や自分の鼓動までも意識するようにしました。

「作っている間は喜びは全くありません。
完成したときにだけ喜びを感じるんだ」

ウィガンは2018年にはその功績により英ウォーリック大学から名誉博士号を授与されました。
また、彼の作品は、人間の手だけで作られた史上最小の彫刻として、2つの世界記録を獲得しています。

(出典・画像:英BBC

ご自分の特性を発揮されたことで、こんなに微細な作品を作れるようになったのでしょう。

自分のダイヤモンドを見つけ、輝かせるようにしたいですね。

自閉症の息子がアートで開花。「一緒にいてもわからなかった」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「行かないで、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。