発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症でADHDの8歳の子が70個の帽子を作りプレゼント

time 2024/06/07

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自閉症でADHDの8歳の子が70個の帽子を作りプレゼント
  • 1. どのようにして発達障害を持つ子供の社会貢献やボランティア活動を支援できますか?
  • 2. 自閉症とADHDを持つ子供が地域社会との関わりを深めるためには、どんなリソースやサポートが必要ですか?
  • 3. 発達障害を持つ大人や子供が他人の助けになる方法を見つけるには、どのようなアプローチが効果的ですか?

8歳のイーサン・ブロドフスキーは、自閉症とADHDを持っています。
地元カナダのブロックビルのホームレスキャンプを見て、帽子をかぶっていない寒そうな人々を見て何か手助けをしたいと思いました。

「あの人たちを見て、とても気の毒に思いました。
だから、彼らのために帽子を作りたくなりました」

そして、イーサンはその通りにしました。

「イーサンは『ホームレスって何?なぜ彼らはホームレスなの?』といったたくさんの質問を始めました」

そう母親のサブリナ・ブロドフスキーは言います。

「カートを押している人を見た時、その人がホームレスで、帽子をかぶっていないのを目にしたんです」

サブリナはフェイスブックに投稿し、地域社会にできるだけ多くの毛糸を寄付してもらうよう呼びかけました。
必要なものが集まると、イーサンは作業に取り掛かりました。

ブロドフスキー家はこの地域に引っ越してきたばかりで、2022年に移住しました。
その理由は、子どもたちにとってより良いリソースを提供する学校があるからです。
もう一人の息子、オースティンも自閉症です。

ブロックビル警察とランアーク・リーズ&グレンビル精神保健サービスが共催する、地域社会でのホームレスへの意識を高めることを目的とする年間イベント「寒さの中の一夜」が開催されました。

イーサンは、自分で作った70個の帽子を寄付しました。
誇りに思う母親から、少し助けを借りて作ったものです。

「イーサンはホームレスのことをよく知らないし、ホームレスであることに伴う政治的・社会的側面をすべて理解しているわけではありません。
ですが、こうすることが自分のやるべきことだと思ったようです」

(出典・画像:カナダCTV NEWS

「困っている人がいたら助ける」

人としてシンプルに美しいです。

そのまま成長していってほしいと思います。

知的障害の女性は布を切り縫製し1000のマスクを大臣に渡す

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。