発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害少年が喜ぶ電車模型が店内を走る店

time 2017/01/12

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害少年が喜ぶ電車模型が店内を走る店

多くの人は、クリスマスに取り付けた飾りをすでにとってしまったか、とろうとしているはずです。
しかし、一年中飾りを続けている酒屋さんがあります。
一人の少年を喜ばせるためです。
米ボルチモア州にあるパイン・ハースト・ワインショップは、外につけていた飾りは取り外しましたが、中にある飾りは一年中そのままです。
「大変ですが、ずっとここに飾っています。」
このお店のゴードン・マクナムラは言います。
「このGゲージの大きさの鉄道模型は、バーク急行列車と呼んでいます。
それは、お店によく来てくれる11歳の少年、バーク・マニュアルから名付けたものです。」

バークは発達障害です。
一年中、家族といっしょにこのお店に来ます。
外にあったこの電車の模型がなくなったら、と考えて悲しくなっていました。
外に置いておくのも春先までと思うと、取り乱すこともありました。
「シーズン中に、お客様に楽しんでもらえるだけではなく、シーズンを過ぎてもバークはここに来て楽しんでいるので、私たちは悩みました。」
バークの母は、この電車の模型が片付けられるとつらい状況になったと言います。
「片付けられてしまう日が来ることを心配していました。バークにはとても悲しいことだからです。」
しかし、このお店のオーナーは、バークがつらくならないようにしました。
線路を店内にも設置して、スイッチをつけて、バークが動かせるようにしました。

今は、電車の模型も販売しています。
電車模型の売上は100%、発達障害者支援団体に寄附されます。
「電車模型を店内で走らせられるようにしました。
写真を貼り、絵を書き、書いて頂いたメッセージも置いてあります。
いつでも、一年中、電車模型を走らせることができます。」
バークの父は、息子ほど幸せ者はいないと言います。
「息子は、お店の人たちが大好きです。
息子は電車が大好きです。ずっと喜んでいます。」
バークの姉も同じく喜んでいます。
「まるで催眠術にでもかかったように、バークはずっと電車模型を見ています。本当にうれしいんだと思います。」
(出典・画像:米WBALTV

結果的には多くの子供たちや家族に喜ばれていると思いますが、一人の少年のために対応した姿勢には、本当に心温まります。
家族は、一生のお客さんにもなったと思います。
本当の電車を使った活動もあります。
発達障害の子どもたちへの地下鉄プログラム

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。