発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

運営会社

運営会社 20152_hobeec_logo-300x225

【会社名】
株式会社ホビーク
https://www.hobeec.com

【ビジョン】
誰もがのびのび幸せに生きていける。それに貢献できるしくみを創る。

【創業】
2008年4月

【事業概要】
ネットサービス、スマホアプリの開発と提供
ICTを利用する新規事業・事業の企画及びシステム開発、コンサルティング事業

【お取引先】
Apple,Google,Amazon.com,株式会社ミクシィ,ヤフー株式会社

【取引銀行】
みずほ銀行(赤羽支店),ジャパンネット銀行(本店営業部),ゆうちょ銀行(〇一八)

【代表取締役】
鑓水 訟氏 (やりみず しょうじ)

新規事業の企画、事業検討、パートナー獲得から、Web・スマホアプリの開発、事業運営まで、アイデアから実現まで、頭だけでなく、手、足を使って、新規事業開発に必要な全てのことをNTTデータ、ヤフーで行う。起業後はICTによる「誰もがのびのび幸せに生きていける。それに貢献できるしくみ」をビジョンにスマホアプリやWebサービスを自社より提供している。また世の中にそんなしくみがもっと増えるように企業へのアドバイスコンサルも行っている。

1972年生まれ。大学を卒業後、株式会社NTTデータに入社。公共営業本部〜技術開発本部〜事業戦略部〜当時最年少でプロジェクトリーダー、立ち上げた新サービスの専門部署の責任者となる。お客様開拓、新規サービスの開発、海外・国内企業との提携、事業運営など新規事業立ち上げに必要なことは全て経験。立ち上げた新規事業は、当時NTTデータの看板事業となり社長表彰受賞、新聞の一面やテレビにも出演、雑誌にも多く掲載され講演も多数行う。その後ヤフー株式会社で新規事業開発に携わり、約10年間にわたって企業内で新規事業開発を行ったのちに、起業。

2008年4月、株式会社ホビークを創業。ICT事業開発の経験とスキルを活かし、長期に渡って最大手出版社などをクライントとし、顧客接点となるWeb・スマホサービス、電子書籍販売、スマホゲームなど数多くのICTサービス事業に関わる支援を行う。またホビークの自社サービスとして、携帯向けアプリ、Webサービス、スマホアプリなど累計約200以上を鑓水自ら開発しリリース。スマホアプリはApple App Storeでカテゴリ内一位を獲得したものが複数あり。

2016年4月からは、創業来のビジョン「誰もがのびのび幸せに生きていける。それに貢献できるしくみを創る」そのものであり、発達障害の子の父親として強い思いを持って、発達障害に関わるニュース提供と良質な福祉作業所の手作り品を販売するWebサイト・スマホアプリ「たーとるうぃず」の事業に注力している。

iPhoneのカメラに映ったものをAIが音声で伝える「話すカメラ」など、他社にはないユニークな技術性の高いアプリも引き続きリリース。

自社サービスだけでなく、世の中の「誰もがのびのび幸せに生きていける。それに貢献できるしくみ」が増えるように、企業へICTサービス事業関連について支援アドバイスコンサルティングも行う。

Amazon様ページでのご紹介
「手作りの製品に光をあてる Amazonで福祉作業所の製品を販売する」

 

Apple App Storeでカテゴリ1位。HOBEECのアプリ

運営会社 hobeec_appstore_top

【所在地】
東京都 千代田区 神田佐久間町3-38 第五東ビル5F

 

人気の福祉作業所の手作り品

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ