発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

過激派となる自閉症の人が多いという報道がもたらす大きな危険

time 2021/07/13

この記事は約 5 分で読めます。

過激派となる自閉症の人が多いという報道がもたらす大きな危険

テロ法の独立審査官であるジョナサン・ホールの最近の見解によると、英国政府の反過激派プリベントプログラムの対象とされる自閉症の人の数が「驚異的に多い」ことが示唆されています。

これは、自閉症の人のテロ対策プログラムへの対応として刑事司法制度が適切かどうかについてのホールズが公園で述べたことです。

テロ監視局の観察に関する最近の報告書では、自閉症の人たちと過激化との間に関連性があることが示唆されています。

これらの発言や報道は、自閉症スペクトラムの研究者にとっては驚くべきことですが、一方で正しく伝えられていません。
現在のところ、自閉症の人が過激化やテロリズムの影響を受けやすいことを示唆する経験的な証拠はありません。

しかし、この問題に関するほとんどの報道は、自閉症の人がその割合が高い理由を論じずに、限られたデータの一面だけに焦点を当てています。
このような極端に単純化された報道は、社会的に最も弱い立場にある人々に深刻なダメージを与える危険性があります。

h2 過激派となる自閉症の人が多いという報道がもたらす大きな危険

そうでない人よりも、自閉症の人が英国政府の反過激派プリベントプログラムの対象となっている可能性が高いのは事実です。
しかし、それはそうい簡単な話ではありません。

研究によれば、自閉症の人はそうでない人に比べて、暴力的な抗議活動やテロリズムに共感する傾向はありません。
また、精神疾患や障害に対する社会的な偏見のために、テロ組織は精神疾患を持つ人を採用したがらないという証拠もあります。

自閉症と過激化との関連性を強調することは、無責任としか言いようがありません。

自閉症の特徴に、強い関心と、あるテーマについての事実や数字を集めようとする意欲があります。
この行動は通常、非常に「内包的」に発生します。
つまり、事実の追求と収集はそれ自体が楽しい目標であり、社会的関係やイデオロギー的信念は全く無関係である可能性があります。

また、自閉症の人とそうでない人との間では双方向の理解が難しく、自閉症の人の言語的・非言語的コミュニケーションは、自閉症でない聞き手に誤解されることが多いという研究結果もあります。

とくに、教育機関や英国民保健サービスなどのセーフガード担当者が、「転ばぬ先の杖」的に考えて、
テロ対策ユニットが対象とするほどのものでは、実際はないのに報告することが多いことも指摘されています。

国の統計を作成する際、調査員はしばしばこの偏ったサンプルプールだけを見て、自閉症の人たちや精神疾患を持つ人たちが適切でない対応をされる可能性に憂慮します。

例えば、私が私がゼリーを100袋買って、すべての紫色のものを選んだと想像してみてください。
紫色のゼリーを食べたことのない人に、この紫色のゼリーの入ったバケツを渡したら、その人は、このゼリーとは紫色しかないと思うでしょう。

それと同じように、自閉症の人に対しての誤解が生じます。

h5 過激派となる自閉症の人が多いという報道がもたらす大きな危険

誤って反過激派プリベントの対象となった自閉症の人たちは、すぐにプログラムから無罪放免されるかもしれません。
しかし、無罪放免にかかわらず、冤罪を経験した人々は、コミュニティから疎外され、仕事や友人、パートナーを失い、深刻な精神疾患にかかることが少なくありません。

このように、報道や発言によって引き起こされる汚名を、お詫びの記事を掲載すれば済むと考えるのは、大きな間違いです。

情報が氾濫するスピードの速い世界に生きている私たちの脳は、すべてのことを深く考える必要がないように、手っ取り早く解決する「経験則」を多用しています。
その一つが「利用可能性ヒューリスティック」と呼ばれるものです。
何かが私たちの注意を引いたとき、特にそれが感情的な話題であれば、その記憶は一番強く残ります。
そして、その記憶が利用可能であるがゆえに、その現象を、現実よりも正しいと判断してしまうのです。

このような「即効性」は、大惨事の後の混乱と不確実性に拍車をかけます。
例えば、9月11日の同時多発テロの後、人々は飛行機のハイジャックに関する記憶があるために、飛行機に乗ることを極端に嫌がるようになり、保険会社は慌ててテロリスクをカバーしない条項を追加しました。

同じように、自閉症について考えれば、このような記事が脳に「利用可能」であるため、すぐに頭に浮かび、自閉症の人の過激化の頻度を過大に信じてしまうのです。

h4 過激派となる自閉症の人が多いという報道がもたらす大きな危険

自閉症に対する偏見は自閉症の人はは幼い頃からさらされています。
今回の報道が、それに拍車をかけます。

自閉症でない子どもたちは、自閉症の子どもを親しみにくいと思い、受け入れなくなるかもしれません。

こうした誤解は年齢とともに減少しますが、それでも年長の子どもたちは自閉症の子どもを暗黙のうちに避けています。
大人も同様です。

偏見は自閉症の人を傷つけます。
自閉症の人は自己価値の低下や精神的健康の低下を経験します。
その結果、自閉症を「カモフラージュ」するようになり、うつ病や不安症、さらには自殺にまで発展してしまうのです。

そうした偏見に対する態度は、うつ病との関連以上に、自殺願望と関連していることが示唆されています。
自閉症の人が自殺する確率は3倍といわれています。
偏見が、その一因となっている可能性が高くあります。

テロは私たち全員が懸念する現実的なリスクです。

ですが、扇情的で情報に乏しい見出しは、自閉症の人たちに無言の、正当化されない、非常に迫った危険をもたらしています。

良かれと思って行った、経験の浅い専門家による「転ばぬ先の杖」的なアプローチと、それに続くデータの非批判的な評価やセンセーショナルな報道が、余裕のない自閉症の人たちに大きな傷を負わせることになるのです。

(出典:豪THE CONVERSATION)(画像:Pixabay

報道などには、一歩引いて考えてみることが求められるときもあります。

心を動かすタイトルのときほど、冷静に捉えたほうがいいかもしれません。

「自閉症兵器」ヘイトグループに利用されやすい自閉症の人たち

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「捨てられないよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。